アングロサクソンミッション

明日、緊急事態宣言が出るようですね。

それに関連して、以前から中国に生物兵器が撒かれる予定になっていた話があり、それをアングロサクソンミッションと呼ばれていますが、最近は北海道は一段落し、またこの動画も、かなり広まってきたのもあるので、紹介しようと思います。

一時間弱とちょっと長い動画ですが、これも小分けにしながらでも、見てみて下さい。

またこの動画は、話が結構壮大なというか、イルミナティだの、UFOみたいな話もあって、この動画だけ見た人なら、何だこのインチキ動画はとなるでしょうが、実際に中国から新型コロナ騒動が起きた事と、最近紹介していた動画を見た人であれば、少し理解しやすくなるし、「マジかしら?」ってなるんじゃないかと思います。

私も未来の力手に入れたいなぁ。


 

動画説明欄より

我々(プロジェクト・アバロン)は、最近11ページに及ぶ情報を内部情報提供者から受け取りました。

彼は、2005年ロンドンのシティでの上級メーソンの会合に出席しました。そこで論議されていた内容は骨の髄まで凍るような内容でした。

この証言者が報告した内容は以下のとおりです。

 

第三次世界大戦が計画されている。それは核兵器 と生物兵器を用いた戦争となるであろう。この証言者は、この計画が予定どおり進んでいて、今後18-24カ 月以内にこの戦争が起こされるであろう、と信じています。

それはまず始めにイスラエルがイランを攻撃することで戦争開始となる、という計画です。応酬として、イランまたは、中国のどちらかが、核で反撃するようにと仕向けられるでしょう。短期間での双方からの核攻撃の応酬のあと、停戦が持ち込まれるでしょう。

世界中が 恐怖と混乱の渦へと投げ込まれるでしょう・・・全てのことが彼らによって注意深く創出されるのです。

 

緊張による極限状態が創り出され、この結果として、全ての西側先進諸国で、厳しい社会統制、軍事統制を敷くことが正当化されるでしょう。 そのための様々な準備計画が、すでに着々と各国で進行中です。

核戦争の停戦中に、こっそりと生物兵器をばら撒 く作戦が計画されています。この生物兵器は始めは中国人をターゲットにばら撒かれるでしょう。

この証言者が ぞっとしながら話してくれたように、”中国はかぜをひくのです”。生物戦争はさらに広がっていくでしょう、西側諸国へと。そしてその結果、社会インフラ (水道、エネルギー 供給、道路、経済等の生活基盤)は決定的に弱められるでしょう。

 

これはほんの始まりにすぎません。

このあと、全 面核戦争が引き起こされる可能性があります。つまり、”本当の”戦争です。

破壊が広範囲に広がり、多くの命 が失われるでしょう。以上のような事態の組み合わせにより計画されている人口削減は、現人口の50%減、とこの証言者は言いました。彼はこの数字が述 べられるのをその会合で聞いたのです。

 

まるでこのすべてがまだ十分ではないかのように、この証言者は、「すべての準備は来たる”地球物理学的できごと”を前提として配置されていっているようだ。」と推測します・・・ 我々の祖先が約11,500年前に経験したのと同じ種類のできごとのことです。

もしこのできごとが起こるならば、ですが・・・ それは、2012年に起こる、とは必ずしも予期されていません。

しかし次の10年間のどの時点かで起こると予想されています・・・ それは、現在の文明を破壊するでしょう。それは核戦争の影響さえも小さく見せてしまうほど破壊となるでしょう。

 

私はそのことについて、この証言者に質問をしてみました。「もしも予想どおりの破滅的状況が起こるのであれば、なぜ彼ら は第三次世界大戦を引き起こす必要があるのでしょうか?」  

彼の答えは次のようなものでした。そして私ははじめて、ことの真相がはっきりと理解できたのです。

 

ニュース見る代わりに、この動画を見て、自分なりに少し考えてみるといいかもしれません。

それと、表の出来事に惑わされないこと。

既に始まっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>