チャネリングとスピリチュアルな世界

昨日寝ている時に、「チャネリングしたいか?」と聞かれ、「お願いします」と言ったら、クンダリーニのような体の振動が起こった。

「おっ、来たぞ」と思ったのだけど、身を任せていればいいのに、途中で余計なことをちょっとしてしまったもんだから、そこで終わってしまいましたね。

すっかり目が覚めてしまって、もう一回やったらというか、寝たら出来るだろうかと思いましたが、ならなかった。

その内出来るかな?

 

dekirukana

 

私は色々と調べた結果、この世の中というのは、私たちが知っている物質的な世界が全てではなく、どうもスピリチュアルな世界だなと思っていて、実際に自分自身もいくつかの経験がある。

クンダリーニにしても、詳しいことは省略しますが、体には誰しも猛烈なるエネルギーが隠されていて、また何故だかわからないけど、封印されている事を実体験で完全に理解した。

わざわざそんなエネルギーを封印しているというのは、スピリチュアル的なことでもなければ、意味がないでしょう。

 

そうしたこともあって、スピリチュアルな世界があるのだろうと思ってはいるのだけど、それでも不思議と100%は信じていないのです。

100%信じていないというのは、たとえ99%信じていても、信じていないことと同じですが、人間というのは、体験したって信じないのだから、頑固なものですね。

 

これは整体でよくなったとしても、クララのようにそれを受け入れることが出来なかったりすることが、割りとよくあるのですが、自分が信じている信念や考えは、簡単には変えれない。

それでもチャネリングが出来たなら、さすがに信じれるかな。

 

ついでに過去のちょっとした面白話をすると、宇宙人て本当にいるのかなと思って、会って宇宙船にでも連れて行って貰おう、と思って寝たら、眩しい光と共に、はっきりは見てはいないのだけど、多分三人ぐらい本当に来た。

だけどちょっと怖くなって、「やっぱ帰って」みたいなことがありました。

これは夢か現実なのかの区別がつかないので、実際はただの夢だったかもしれないけど、呼んでおきながら帰ってくれなんて言うのは、失礼なもんです。笑

 

それと、幽体離脱ってあるのかなと思って、やってみようと思ってやってみたら、本当に抜けそうになり、怖くなって止めた。

体から抜け出したりしたら、死ぬんじゃないかとも思ったりしますからね。

だからこういうのをやるには、ビビらずにちょっとした度胸がないと駄目なようです。

と言っても、何が起こるか分からないので、お勧めはしません。頭や精神がおかしくなる人もいるので、自己責任で行ってください。

 

もう一つ言えば、私は仮にスピリチュアルな世界だったとしても、それを知っているかどうか、信じているかどうか、などというものは、さほど重要ではないと思っています。

封印されていたり、隠されていたりするというのは、その方が都合がいいからで、それを知るということは、カンニングとか、推理小説の犯人を最初に教えて貰うみたいなことにもなる。

また物質世界の中に生きているのだから、まずそれをしっかり生きることの方が大事です。

スピリチュアルな世界に進むにしても、それがしっかりした上で取り組まないと、人は常に楽な方、都合のいい方にいってしまいやすいので、そこからおかしなことが続いたり、頭や精神などがやられてしまう。

 

天才たちは実は晩年、スピリチュアル的な研究に没頭したりもしていますが、仕事とかでやっている人ならまだしも、特に師がいない中で、我流でのめり込み過ぎるのは、気を付けた方がいいかもしれませんね。

それでもやりたい人は、自己責任で。

私も我流でやってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>