ノーサイドゲーム見てるよ

ノーサイドゲーム見てみてと言われたので、試しに見てみたら、割りと面白くて、元日本代表選手が出ていたり、ラグビーのちょっとした勉強にもなるかと思って、毎週見てます。

と言っても、特に序盤は突っ込みどころ満載でしたけどね。

今にしても、ライバルのサイクロンズの監督の指導法が古いはずなのに、昨シーズンは全勝して優勝、今シーズンも全勝のまま、最後にアストロズと優勝をかけて戦う。

圧倒的な資金力があるにしても、そこまで結果出しているなら、指導法はいいんじゃないかと思う。笑


 

それと、大泉洋さんが派閥争いなどから、本社から飛ばされ、お荷物だったアストロズのGMになったのですが、それを就任一年目で、優勝争いするレベルまでに立て直し、カザマ商事の問題を見抜くなどして、あそこまで実力ある人なら、普通、他の派閥がほっとかないですけどね。

 

それより一番気になったのは、一人だけラグビー選手とは、とても思えない程に筋肉が無さ過ぎ、走り方も下手過ぎて見てられないのだけど、なぜか主要な役を演じている。

今って、役作りのために、体作りみたいなことはしないんでしょうかね。松田優作なんかは、減量といったことだけでなく、奥歯すら抜いていましたけどね。

それで、この人誰なのかなと思って、調べると2世タレントだった。

まぁ、大人の事情があるドラマというのはそんなもんですが、それより、ラグビー経験者だけでなく、元日本代表が8人出ていることの方が、今のドラマで考えれば、凄いことかもしれない。

nosidegame

 

少し話は違うのだけど、最近ケビン・コスナー主演の映画で、NFLドラフトを題材にした「ドラフト・デイ」を観た。

日本でもドラフトは毎年注目を集めていますが、アメリカのアメフトの人気は非常に高く、ドラフトもお祭り騒ぎのようなもの。

 

映画は、ケビンコスナーがGMで、誰を選ぶかの決定権を持っているのですが、ドラフト当日、自分の思いとは裏腹に、オーナーや監督からあれこれ言われたり、部下でもある恋人が妊娠したのだけど、今日はそんなことに構っていられないと険悪になったり、

またお母さんがこのくそ忙しい時に、グランドに父親の遺灰を撒くからあんた付き合え、と言ってきかないなど、色んなことがある中、他のチームとの取引や駆け引きを、制限時間ギリギリまで行うストーリー。

 

最後は中々面白い結末でした。

興味のある人は見てみてください。

 

ちなみにラグビーとアメフトは、楕円のボールを使ったり、アメフトも元々ラグビーから発展していったものなので、どちらも似ていますが、その違いは、まず見た目が大きく違う。

ラグビーはボーダーのユニフォームなどTシャツを着ますが、アメフトは、ヘルメット被ったり、防具を付ける。

 

以前日大で、反則タックルを指示したとかで、問題になりましたよね?

あれは日大アメフト部で、アメフトでした。赤いユニフォームで、防具を付けていたのを覚えていると思います。

nitidai

 

五郎丸は?

ラグビーですね。

goroumaru

 

ラグビーの起源は、イギリスでサッカーの試合中、ボールを持っって相手ゴールに走り出したことだとされていて、アメフトは、アメリカでラグビーのルールが、色々変わって行く内に、発展して行って、今のアメフトとなり、その人気は、アメリカでは不動の一番人気のスポーツとなっている。

 

主なルールの違いは、ラグビーが1チーム15人、アメフトは1チーム11人。(7人制ラグビーもあります。)試合時間は、ラグビーは前後半それぞれ40分、アメフトは4クォータ計60分(1Q=15分)。

アメフトで、野球みたいに投げているのを見たことがあると思いますが、ラグビーではそれがない。下手投げで後ろにパスをする。

ラグビーのトライは、地面につけなきゃいけないけど、アメフトのタッチダウンは、地面に付ける必要が無い。

 

またラグビーではボールを持っている人にしか、ブロック出来ませんが、アメフトはタックルしようとするディフェンスにブロックしてもいい。

そうしたこともあって、アメフトは危険性が高く、防具を付けていますが、それでも怪我が多かったりする。

 

それとラグビーはパスをカットしたりするなど、取って取られたりとやりますが、アメフトは野球の様に攻守交代で行う。

 

大まかな違いはこんな感じですが、テレビでラグビーなどみる機会があれば、参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>