ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

強引さからの脱却

これは前回のセミナーで教えたことですが、殆どの人は強引に物事を運ばせようとする。とは言っても、相手の頭を床に押さえつけたりする訳ではないので、自分ではその自覚はないでしょう。

自分ではごく当たり前のことだと思っているので、それが特別に何か変わったことをしているとか、間違っているとは思わないのです。

また自分が正しく、相手が間違っていると考えるから、「自分は正しいんだ!」ということに気が囚われて、強引さとかなんだとかという事は考えない。

(さらに…)

子供に「普通は」と言われたら

子育てというのは大変ですね。色々悩みもあるでしょう。

よくある事の一つで、子供が皆こうしているとか、普通はこうだとか、だれだれの家ではとか、そういったことを言ってくることがあると思います。

そんな時、困ったりもすると思いますが、どういった対応をしていますか?

上手に対応できる人もいれば、「バキャロコニャロメ」みたいに、力でもって制するか、はぐらかすか、甘やかしてしまうか、色々だと思います。

(さらに…)

歴史を学ぶ意義

女性であれば、「三国志って何ですか?」というぐらいに、歴史に興味が無かったりもしますが、歴史はある程度学ぶ必要はあると思います。

という事で学校で習ってはいますが、学校で習う歴史など殆ど意味ない。

また「ここテスト出るぞ!」などと言われて、そこが大事だと勘違いや洗脳されてしまいますが、実はテストに出ない所、教科書に載っていない所こそ、本当に重要な所が隠されている。

本当はそこをテストに出さなきゃいけないでしょう。だけど出す訳はない。笑 本当に大事だから。

(さらに…)

合気道和の極意

格闘技では相手と戦い勝つことを目指す。

しかし合気道の場合は、相手と一つになる事を目指す。それはたとえ敵であってもです。

「塩田剛三の世界」と言う本に、こんなことが書かれている。

(さらに…)

来るものは拒み、去る者は突き放せ

やりたいことと言っても、社会と世間に惑わされて、自分が何をやりたいのかすらも分からなかったりする。また過去に囚われ前に進めない事もある。

そんな時どうするか。

よく去る者は追わず、来るものは拒まずと言われますが、昔のある整体の名人は、「来る者は拒み、去る者は突き放せ」と言われていました。しかし整体に限らず、昔の日本では、そういった感じであったでしょう。

それを行うことで本人の意思を確かめ、確認させていた。また去っていく場合は、時には引け目を感じたりして前に進めないことがある。そうならないように突き放すのです。

(さらに…)