ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

客観的の本当の意味

客観的になりなさいなど言われたりしますが、客観的にというのは、どういういうことでしょうか?

辞書には、

「特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま」

とあります。何となくは分かると思いますが、具体的に、はっきりと、また自分が使えるレベルでは、分かっていないかもしれません。

 

客観的に見るとは、たとえば自分に子供がいたとして、子供とは、全くの他人であるとして、見たり判断すること。

また、自分が客観的な判断が出来ているかどうかは、自分の子供が、全くの他人であったとしても、同じ判断になっているかどうかということです。

(さらに…)

他人を信用しないから上手く

私は他人が言っていることは、余り信用していません。笑

もちろん信用していないと言っても、全く信用していない訳ではない。

信用しているものは当然ある。

しかし、基本的に、「そうなのかな?」とは思うものの、鵜呑みにはしない。

 

沖ヨガ創始者、沖正弘先生が、

「信じるな!疑うな!確かめろ!」

とおっしゃっていましたが、それを心がけているのです。

だから鵜呑みにもしないけど、逆に端から否定もしない。

(さらに…)

油断大敵の本当の意味

煽り運転の男、捕まったようですね。相当悪質でしたから、暫く反省し、心を入れ替えて頂きたいものです。

それにしても殴られた人がいたお蔭で、逮捕して貰えた訳ですが、ただ自分であれば、殴られたくはない。笑

相手が下りて来た時点で、車が来ていなかったはずだし、助手席の女性が乗り込むまでの時間も出来るので、その間に逃げますかねぇ。

また、もし女性であれば、絶対に窓なんか開けなかったと思いますが、それを何故わざわざ窓を開けてしまったのかと言うと、油断からきたものだと思います。

(さらに…)

本当の集中力

集中力について、誤解されているように感じていますが、本当は集中することは、集中しないことなんです。

どういうことかというと、本当の集中力を発揮している状態は、一つのことというよりも、静かな感じで、どちらかと言えば、視野が広くなりよく見えたりするような状態です。

 

たとえば怒り狂ったり、パニックを起こしたりすると、周りのことが分からないぐらいに、一つのことに集中していますね?それが最高のパフォーマンスを発揮しているかというと、最悪のパフォーマンスです。

その最悪のパフォーマンスの逆が最高のパフォーマンスになる訳だから、一つのことに集中はしているのだけど、視野が広くなって、周りがよく見えるような状態が、本当の集中している状態なんです。

 

その本当に集中している状態のことを、昔の武道では「無念無想」と言われていました。

集中力という言葉は、集中するのだけど集中しないみたいな感じでもあるため、言葉が感覚的に合わないのですが、無念無想もしくは、無ということであれば、なるほどなと思う。

(さらに…)

便利な時代だから成功できない訳

前回は便利な時代になったことで、却って痛みなどで悩むことになった話をしました。

今回はもう一つ大事な話。

便利な時代になった事は、小さいことに関してはいいのですが、その反面、大きな夢や目標を、叶えることが難しくなる。

 

一時期、人類家畜化計画と言われていましたが、まさにその通りで、どうでもいいようなことを、簡単に望みを叶えさせることによって、大きなものは決して叶えさせなくする。

それによって、夢があっても夢を見るだけの夢物語で終わり、逆に権力者は益々権力を握り、お金のある人は益々お金を増やせる世の中になる。

(さらに…)