不安になることで簡単に騙される

最近揺らぎ整体に、メールを送っても戻ってくるという人がいて、何だろなと思っていましたが、私が送ったメールも届いていない人もいた。

またラインで、こんなの送った記憶がないという人がいて、更には、施術を受けている人ですが、よく分からないファイルを大量に添付して来て、これはいよいよヤバいかと思って、少し焦りましたね。

 

まずメールの方は、サーバーが不具合を起こしていたようでした。(だけど厳密には、サイバー攻撃を受けてたようです)

ラインはもしかしたら、アカウントを乗っ取られたりもあるかもしれないので、身に覚えのないメッセージを送信したりしていたとすれば、パスワードを変更するなりした方がいいかもしれない。

心当たりのある人は、「ライン 乗っ取り」などで検索して調べて見て下さい。

よく分からないファイルを送ってきたのは、誤送信だそうです。笑


 

それにしても、急にこんなに重なるもんだろうかと、思いましたが、何らかのメッセージかもしれないので、気を付けないといけないですね。

ちなみに、サイバー攻撃は聞いたことがあると思いますが、平和ボケしている日本人には、完全な他人事ですが、「サイバー攻撃 リアルタイム」などで検索すると、こんなにも世界中で、常日頃行われているんだということが分かる。

 

平和に過ごすのはいいのですが、日本人はただ気づいていないというのがよくありますね。

これもそういう風に洗脳されて来たからなのでしょう。

他の国と比べてどうかは分かりませんが、日本人を操作することなどは、朝飯前なんじゃないでしょうかね。

 

昨日市民レポーターの動画を紹介し、ニューヨークは、実は新型コロナでパニック起こしていないかもしれないのですが、ニュースを見たなら間違いなく信じてしまう。

(市民レポーターにしても、そっちの可能性が高いんじゃないかとは思うものの、自分で確かめたものではないので、私は決めつけない様にしています。)

 

それとニューヨーク在住のシングルマザーが、涙ながらに新型コロナの危険性を訴えていましたが、涙流されれば簡単に信じてしまう。グレタさんも信じちゃいますね。

また危険性を訴えることには、メリットはあっても、デメリットはないと考えるから、余計に信じやすくなる。

しかし昨日説明したように、不安になることに大きなデメリット、危険性がある訳です。

 

普段は大丈夫でも不安になっている人が、「この壺買わなかったら、親死ぬぞ!」と言われれば、信じてしまうように、不安な状態は、思考停止に陥ってしまう。

そうしたものを利用するのを、少し専門的な言葉では、「惨事便乗型資本主義(ショック・ドクトリン )」と呼ばれている。

 

涙ながらに訴えているものだけを見れば、簡単に信じてしまいますが、ニューヨークの市民レポーターの動画と照らし合わせると、「なんか違うぞ」となるから、「この人の言っていることは、本当だろうか」となる。

それと今日は、もう一つ、ついでに、これと似た手口のものがありましたので、興味のある方は見てみて下さい。

 

医者らしき人がレポートしているんだけど、実は医者じゃなかったり、忙しいはずの人が、自分でビデオ回して録画しているとか、言われないと気づかなかったりしますが、よくよく考えると、色々おかしいというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>