想定外と防災お勧めグッズ

最近は、ワールドカップバレーに、ワールドカップラグビー、また世界陸上と、忙しいですね。ある意味オリンピックみたいなもんですね。

 

いよいよ明日から増税になりますが、何か買いだめみたいなことされたんでしょうか?

今日スーパー行きましたら、爆買いしてた感じでも無かったですが、少し込んでました。

そのスーパーで買い物した話なんですが、おばちゃんがレジで、「ポイントカード作りますか」と言うんで、「いらない」って言ったんですけど、「今日は10倍だよ」と言うんで、よく分からないけど、折角言ってくれたんで作って貰った。

 

また支払いは自分で操作するのですが、レシートが出て来た時、態々ここにポイントが出てるとか、何曜日がポイント二倍になるみたいな説明もしてくれた。

レジは結構並んでますから、大したもんだなと思いましたね。


 

普通そんなに混んでたら、そんな面倒くさいことはしないしょ?

焦ったり、プチパニックになる人もいるかもしれない。

それなのに、その余裕があって、人がいいのでしょうね。ありがたいことです。

 

ついでに、セミナーで余裕がなければならないという話を少ししたのですが、その中で最近会ったコンビニ強盗で、中々面白い対応をしていたという話をした。

これ。

もしかしたら何てこともないと思うかもしれないですが、これは中々面白い。

 

セミナーでたまに護身術の話をしたりしますが、その中で想定外のことを行うと、相手はパニックを起こす。

たとえば手首など掴まれて、引っ張られたら、大体の人はそれに対抗しますよね?そうではなく、むしろ自分から相手の方に行くという、まるで逆のことをすると、相手は一瞬パニックを起こす。

引っ張る人にとっても、相手はそれに対して抵抗するだろうという想定の元に引っ張るので、逆にこっちに来るなどと言う、全く想定外のことが起こると、頭が混乱するのです。

それと同じようなのが、このコンビニ強盗未遂。

 

また刃物を出されれば怖いのは怖いですが、この場合、刃物が届かないものだから、刺される心配が余りないので、それほど怖くない。

恐らく犯人は、初めての犯行だったと思います。本物だったら、あんなことしないですからね。

 

そうした話を詳しく説明すると、長くなってしまうので、詳しい話はセミナーに来て欲しいのですが、一つ大事なことは、護身術を習ったり、格闘技をやったりすると、その思い込みが出来て、その中から対処しようと考えたりするようになったりする。

そうすると、別に難しいことなんかやらずに、あの店員の様に逃げればいいのに、それが出来なくなる。これが護身術などを、なまじかじった方が危ないと言われる所以です。

また仮に相手を捕まえたとしても、店がめちゃめちゃになったりもするので、それよりは、あの店員の様にした方が、物足りないかもしれませんが、全て無事に済んだので理想的。

 

ただ理想的で、中々面白い対処の仕方ですが、頭が良かったからではないと思いますけどね。普段からああいった対応するタイプの人がいる。笑

 

さて、私は爆買いした訳でもないですが、今月は小さいものから大きいものと、結構買い物しちゃいました。

それで今日また一つ荷物届きましたが、結構良かったというか、気に入ったので紹介します。

これ↓。

ランタンなんですけどね。

持っているランタンは、テントで天井にぶらさげて使うと、明るさはそれなりにあるものの、横に広がって下が暗い。

コールマンのランタンにしたって、横ですよね?

そうすると、置いて使う分にはいいけど、テントの中でぶら下げて使う分には、真下が暗くなる。

それとこのコールマンのランタンは、800ルーメンあって、十分な明るさだと思いますが、でかいし重いんです。

それで裸電球みたいに下を照らせて、軽くてコンパクトなものを探していて、丁度いいのを見つけた。

 

明るさは、ハイモードで3500ルーメン、ローモードで1250ルーメンもある。ただ実際はどうかなと思いましたが、満足の行く明るさ。

それでいてコンパクトだからキャンプにいい。

持っていたランタンは、懐中電灯にもなりますが、ヘッドライトを使ったりするので、移動も特に困らないし、ヘッドライトが無くても、これ使えばいい。

あとは10000mAhのバッテリーもあり、部屋も結構明るくなるので、防災にもいいと思います。

よければどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>