災害と苦情

余り不安になられても困るので、災害についての話は、暫くやめておこうと思ったのですが、今はまた台風の影響で、千葉がまだ停電していますね。

なんだか、毎週のように災害がある。

たとえ南海トラフ巨大地震も様なものが来なくても、今回の災害でも、廃業に追いやられた人もいましたし、台風などの災害に遭えば、停電ぐらいなったりもするでしょう。

また2日ぐらいの停電ならまだしも、停電が5日、または2週間とかなると、かなり大変です。

 

北海道胆振東部地震でもそうでしたが、今回の長い停電で、ポータブル電源がかなり売れているのだとか。

私も持っていますが、落ち着いたらもうちょっといいやつ買おうかな、とも思っています。

今は企業も自家発電を備えるようになってきて、千葉も災害対策を行っていた所でしたが、それでも電気が無くなったら困るなという人は、ポータブル電源が、あってもいいかもしれませんね。

ちなみにガソリンを使った発電機は、外で使いますが、ポータブル電源は、バッテリー式なので、家の中や車の中など、どこでも使えます。

 

 

千葉では停電が続いていることもあって、特別支援学校の生徒が水遊びしていることで、苦情が入ったそうですが、そんなことにもイライラしてしまうぐらいに、ストレスも溜まっているのでしょう。

それに対し、市長が「自粛は止めましょう」と呼びかけていましたが、

本来自粛とは、「自分から進んで、行いや態度を慎むこと」ですから、その意味から言えば、皆が修行僧のように自粛されては確かに困りますが、個人がやりたいのであれば、それは自由ですから、別に構わないんじゃないかと思います。

ただ東日本大震災にしても、それを人に強要することが、問題なのかもしれない。

 

苦情を付けたのは、

この特別支援学校では、普段の予定を急に変更すると、子供がパニックを起こす恐れがあることから、水遊びを行ったそうですが、その他にも、水遊びは、熱中症の予防、ストレスの軽減、また入浴が出来なかったりしたことからも、ただの遊びというだけではなく、色々と効果、理由があったことを知らなかったのだろうと思いますが、

クマの駆除にしても、そうしたことを理解せず、表面的な所だけを見て、腹が立ったり、感情的になって、苦情を付けたりしてしまう。

 

と言っても、誰しも「てへぺろ」になった経験があるように、こうしたものは後から分かったりもするのですが、

自分の家が崩壊し、仕事も無くなったり、断水で水もない状態で、目の前で水で人の気持ちも分からずに遊んでいた、と考えたら、腹が立つこともあるのかもしれません。

また同じようにそうしたことを考えると、

「自分も同じ立場だったら、もしかしたら腹が立ったかもしれない」

と、苦情を付けた人の気持ちも分かるかもしれないのですが、残念なことに、苦情を付けた人に対し、それが間違っていると思えば、今度は徹底的にそれを叩き潰すということが行われる。

 

それは日本では、ストレスを抱えている人が多いのか、自分のストレスの吐き出し口、自分よりもさらに弱いもの、うっぷんを晴らす相手、怒りをぶつけられる相手を探していて、いいターゲットになりそうな人がいれば、攻撃する。

吉本の問題にしても、最初のターゲットは宮迫さんでしたが、岡本社長にターゲットが移ったことがありましたが、それも似たようなものですね。

 

私の所にも、以前は多い日でアクセス数が一日1500ぐらいあり、1000ぐらい超えると、問い合わせとかコメントだとか、良くも悪くもかなり増えるものですが、中には感情的に文句を言ってくる人もいました。

私は全ての情報を出していたのではないので、そこから、

「何も分かっていないコイツなら、文句を言っても大丈夫そうだぞ」

と思ったのでしょう。

 

しかし、表面の情報だけでなく、もっと奥があったりするし、感情的になる人は、また早とちりして、文章をよく読まなかったりもする。

ただ、私がたった一回の返信をすると、面白いことに、誰一人として、反論してくる人はいなかった。

何故なら私が絶対的に正しかったからです。

 

もちろん、神でもなんでもないので、間違うことだって当然あるし、いつもいつも自分が正しいと言っているのではなく、感情的に文句をつけられることに対しては、私が絶対的に正しい、というだけのことです。

絶対的に正しい相手に対して攻撃を仕掛けることは、必ずそれが自分に跳ね返り、勝手に自滅する。

だから私が返信したことに対して、誰一人として反論できなかった。

 

感情的になるというのは、元々ストレスがあって、自分を見失い、真実の道から外れているのですが、それが更に自滅することになって、可哀そうだなとも思いましたが、それは私としてもどうしようもない。

気の優しい人などは、それが可哀そうだなと思って、攻撃されたことにも優しくしたりしますが、小さいことぐらいなら、それもありかもしれませんが、相手の攻撃を許し、中途半端に救おうとすると、お互い自滅してしまうことになる。

 

ついでに言えば、攻撃されたからと言って、こちらがそれ以上の余計な攻撃を加えたとすれば、隙や口実を与えることになって、これもやられかねない。

あくまでやるべきことは、正当防衛的なもので、過剰防衛的に余計なことまで攻撃したりしないことです。

 

経験があるような人ならいいのですが、「コイツなら大丈夫そうだぞ!」とか、「自分が正しいんだ!」と思っても、後から実は違ったと、失敗することの方が多い。

またてへぺろで済むレベルならいいけれども、正しいものに攻撃を仕掛ければ、それが自分に返って来るし、正しいものとは逆の道に行ったりすると、大きく道から外れることとなり、引き戻ることが出来なくなったりする。

そうならないためには、自分の考えで正しいかどうかの判断をするのではなく、軸がしっかりしているのかどうか、それに合っているかどうかに基準を置くことです。

 

7月くらいにメルカリ始めたんですけどね、つい最近商品を購入したのだけど、ちょっとムッとするようなことがあって、先方に苦情付けたんです。

今見ましたら、2回ぐらい購入したのかと思ったけど、私はまだ1回しか買ったことがないし、何も分からないど素人なんだけど、相手は223の良いと、2つだけ普通の評価がある。

そうすると、その先入観から、「相手が絶対正しい」、「分かっている」と考え、ビビッて相手の言いなりになったりするのだけど、メルカリを使うのであれば、メルカリの規約が絶対的なルールになるので、先輩だから正しいとか、良いが多いからとか関係ない。

全ては、規約に当てはまっているかどうかで、また私が間違っていれば間違っていたし、相手が間違っていたなら、相手が間違っていたというただそれだけのことです。

 

それで調べてみると、相手がちょっとしたルール違反していて、案の定、相手はそれを読んでいなかった。だから私が絶対的に正しいので、確信と自信を持って堂々と言える。

私はあなたの対応に対しこういう風に感じた、というのと、利用規約をコピペし、最後に一つのご縁なので、ちょっとしたお説教というか、アドバイスを付けくわえたのですが、素直に受け入れてくれました。

もしそれをしないで、お互いの考えの基準で、言い争ったりしたら、全く解決しないし、無駄に疲れていただけだったと思います。

 

そうしたように、軸や基準となるものがはっきりしているのであれば、それをよく理解し、自分がそれに則っていて、相手が明らかにその道から外れていれば、絶対的に正しくなる。

だからメルカリみたいな規約があるようなものであれば、まずそれを確認することが大事ですね。

自分が何を思うか、こうしたいというのは関係ないです。

 

しかしメルカリならまだ簡単でいいのだけど、人生となると、もう少し難しくなる。

何か言い争いみたいなことになるのであれば、メルカリの利用規約の代わりが、法律となり、たとえばどんなに正義を果たしたとしても、法律から外れていたとすれば、法の名のもとに裁かれることになってしまう。

そうならないためには、自分はこう思うとかが大事なのではなく、法に則っているのかどうかが大事で、また相手が明らかに、そこから外れていたというのであれば、確信と自信を持つことが出来る。

 

ただ法律も、読み切れないほどいっぱい書かれているし、弁護士の見解によって意見が分かれるなどの難しさがあるので、簡単だとは言えませんが、それでもはっきりと書かれている分、分かりやすいと言えなくもない。

それより難しいのが、はっきり書かれていない、真理のようなものの方が難しい。

釈迦やキリスト、また偉人などの教えはありますが、色んな人が色んなことを言っているし、自分で気づくしかない限りは分からないから、法律を学ぶことよりも難しいかもしれない。

 

子供をプロアスリートに育てるにしても、はっきりと書かれたものはない訳です。だから難しいし、夢を中々実現出来なかったりする。

ただその場合も、自分の考えは関係ないということをよく知ること、基準を自分に置かないことが大事となって来る。

またこれにしても、その時、自分は絶対的に正しいと思っても、後から色々と分かって、てへぺろになることもあると、よく知っておくことです。

そうならないためには、感情的にならないようにしなければならないし、絶対に自分の考えを基準にしない。

 

プロを目指すのであれば、私はタイガーウッズが言っている

「上手くなるためには質の高い指導を受け、その教えに沿って自ら努力するしかない。成功への方程式はそれしかない。」

という成功の方程式を、基準、軸に考えています。

つまりそれから外れている人は、全て失敗すると考えています。

これは何年も前から言っていることで、今でもこれ以上のことが思い浮かばないのですが、逆にこれ以外に何かあるのでしょうか?

 

「いいや、こんなことは関係ないことを証明してやる!」

など、今の自分の考えを大事にしたいと考える人もいるかもしれないが、もちろん人それぞれだし、色んな考え方があるから、それも人生。

私の場合で言えば、タイガーウッズの考えに100%賛同しますという考えを持っているだけの話で、皆同じ考えなど持つ必要はないし、各自やりたいことをやればいい。

 

間違ったから、人生において失敗だとは言えないですからね。

ただ自分の考えは間違うことがあるから、確実に行っていきたい場合などは、自分基準、自分ルールを創作して考えるのではなく、軸をずらした方が、可能性、確率性が上がるという話です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>