総監視化時代に突入か!?

半分冗談で、新型コロナ緊急注意報!と出しましたが、北海道もまた急に増えだしましたね。第二波って何だろうと思いますが、第二回戦みたいな感じでしょうかね。

一回戦目でスタミナ使い果たした状態では、ストレスが更に大きくなるので、今の内に体を解し、凝りや疲れ、ストレスを取り、肉体、精神ともにリフレッシュした状態を作っておいて下さい。

 

仮に違う種類のものだとしても、常にやることは同じことで、心も体も健康的な状態を作り出し、落ち着いて、柔軟に考え、行動すれば大丈夫です。

ただそれの逆だと、今後が厳しいかもしれないから、気を引き締める必要はある。


 

たとえば人工知能(AI)が、人類の知能を超えるシンギュラリティを迎え、科学が行きつく所まで行けば、人類は働かなくてもすむ時代になる。今までは庶民たちが、奴隷として働いてきましたが、今後奴隷は解放され、ロボットがやってくれるわけです。

 

(今は選挙とか、消費税がどうのって言ってますが、そもそも国でお金を管理すれば、豊かになれるでしょうから、「日銀なくせ!」なんてやってもおかしくないのに、全然ならないですからね。

少なくても日銀の55%の株を持っているのは日本政府で、残りの45%は個人で持っていると言われていて、それが誰かは公表されていない。

上場企業の大株主というのは、公表されるものですが、それがされていないし、国に関わる重要なことなのに、無関心でいる。厳密にはさせられている。)

 

それはともかく、シンギュラリティには危険性があると言われているのと、それが来るにはもう暫く時間がかかるのと、その前にはレジが無人化するなどのように、失業者が増えたりするように、変化するためには、波を乗り越える必要がある。

そうしたように、今新型コロナで騒いでいますが、これから第二回戦が始まるにしても、まだまだ序の口で、その内親の総取りみたいなことだって起こりかねない。

それを上手く乗り越れる人なんかは、ビッグチャンスにもなるのですが、そうでなければ、振るいにかけられちゃいますからね。

 

そのために今までの固定観念に縛られることなく、柔軟に考え、対応していく必要がある。

たとえばUFOなんていうのは、今まではオカルトでしたが、そうではなくなっていくかもしれない、というように、変化を乗り越えるには、固定観念を捨て、逆の発想、柔軟な発想を持てるようにする。

これがお役所思考のような頭のままでは、理解できずに、対応に苦しむ訳です。

 

私がスポーツのことなど教えても、殆どの人は、根本から考えたりするのではなく、常識に従い、覚えたことをやる思考の癖を持っているので、今までのものとは、全く違う概念を教えたりすると、強い拒否感を示すか、猛烈なパニックを起こすかになるため、柔軟な人にしか話せない。

後はその人が求めるものを答える。

そんなようなことが、これから起きる可能性があることを知る、念のため想定する準備をしておいて下さい。

 

ただそれはもう少し先になるので、今少し気にして欲しい問題は、

本当に怖いもの

で、少し触れましたが、総監視化時代が現実味を帯びてきた。

 

中国では、感染者の行動が詳しく公開されたりしましたが、それは聞き取り調査したというよりも、監視されているからです。またお店に入るにもスマホのアプリで、緑色のマークが点灯したら、入店できるなど管理されているのと同時に、監視されることにもなる。

 

今それについて、ヨーロッパで揉めていますが、新型コロナが予想以上に大きな問題になったことで、最初は世論が反対していたのが、揺らいできていて、日本でも、高市早苗総務相が、3月31日新型コロナ対策のため、検索履歴などの提供を大手に求める考えを表明した。

必要ないんじゃないかと、思うですけどね。笑

しかし、そういった感じで、徐々に監視化というのは、進んで行っている。

 

既に丸め込まれて、至る所にカメラは付けられたし、自分たち自身でも、お互い首を絞めながら監視し合っている。

またカメラの性能はどんどん上がっていて、事前にデータを登録しておけば、マスクやサングラスをした状態でも、判別出来るようになっている。

ということは、スマホに写真ぐらいは入っているから、それを利用すれば、既に判別することも不可能ではない。

 

ちなみに、メールとか電話とか普段気にせず使っていますが、全て記録されていて、どんなに消そうとも消すことは出来ない。今は量子コンピューターの時代ですからね。

つまり丸裸、すっぽんぽんです。笑

 

そうしたことって、新型コロナより、よほど怖い気がしますけどね。しかし今後さらにそれが進んで行き、総監視化時代、監視、管理の時代!?

ちょっとなるとは書きたくなかったので、どうにかならないもんかなと思いますが、新型コロナに気が囚われると、他のことが全て見えなくなるので、気を付けて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>