詠み人知らずの詩

この世の生が完全であった時代には
誰も価値ある人間に注意を払うこともなく
能力ある人を敬うこともなかった。

支配者とは樹の天辺の枝にすぎず
人民は森の鹿のようだった。

続きを読む

相手の考えを変えさせる方法

まず相手を変えようと思うは傲慢な考えで、自分自身が変わらなければならない。

つまり自分自身の態度や、言葉遣いなどを変えることによって、結果的に相手が変わる。それを自分自身を全く変えることなく、相手を変えようとしても変えることはできない。

続きを読む