筋トレ以外に拘れないのか

スポーツでは筋力が必要なのは、当たり前中の当たり前。だから皆と同じことをやったって、何の差も付かない。また筋トレをやればいいんだと考えている人が、果たして外国人以上のパワーを、身に付けることが出来るのでしょうか?

筋トレ筋トレしか言わない人は、身長190、体重100キロ以上あるロシア人などのパワーを、目の当たりにしたことがないんです。比べる相手がご近所さんのレベルだから、そういった選手たちとの比較が出来ない。

また外国人は日本人よりも骨が太いので、接触プレーなども、例え筋力をつけて同じ体重であっても、まともにぶつかったりすれば、こちらの方がダメージを受ける。

続きを読む

こういう人がいる

一日に何万もアクセス数がある訳じゃないんですけど、多い日で千以上あったりするので、そうすると必ずおかしな人から、問い合わせなどが来たりする。笑 まぁ、どこにでもいますね。

特に間違いだらけの筋力トレーニングの記事を載せていますが、筋トレの信者にすれば、それが納得がいかないようで、今日もそれを読んだのだと思いますが、

「筋トレを否定してるのは世界中で日本だけですよ。隣国の台湾や韓国ですら筋トレしてますよ。間違った情報を伝えないでください。」

という、失礼極まりないメールが来た。笑

続きを読む

抗がん剤に殺される?

がんになってから何かしようとしても、ほとんどの人は医者の言いなりになってしまう。

「これぐらいなら、直ぐに手術すれば大丈夫ですよ」

「早く手術しなければ、手遅れになります」

などと言われれば、それを信じ込むものです。また精神的なショックを受けている状態では、正常な判断も出来ない。

何度も言っていることですが、そのためなるべく早い段階で、知識を積み重ね、準備をしておくことが重要です。

続きを読む

無料になれていないか?

最近は無料見積もり、無料アドバイス、無料セミナーなど無料に溢れています。その他にも「一日たった5分やるだけで」と言った内容のものが溢れている。

こうしたものと触れ合う機会が多くなればなるほど、いつの間にか無料でやるのは当たり前、何でも直ぐに出来るもの、そういった感覚や考えが刷り込まれてしまいます。

皆さんも刷り込まれてはいないでしょうか?

しかし残念ながら、ほぼ刷り込まれていると言ってもいいでしょう。

続きを読む

合気道は勘違いとの闘い

結局全ては個人的な問題なので、別に合気道に限った話ではないと思うのですが、私が合気道で思っている事は、勘違いを起こすことなく、自分との闘いであること。

格闘技の場合、試合を行うので勝ち負けがはっきりします。そのためどんなに頭の悪い人でも、強いか弱いかなどはっきりわかる。しかし合気道には、試合がありません。そうすると強いんだか強くないんだか、凄いんだか凄くないんだか、よく分からない所があるのです。

思いっきりぶん投げたりしあえば、さすがに誰でもわかりますが、今の時代は余り思いっきりぶん投げるようなことはしません。怪我をしない様に思いやりを持って投げたりする。

そんなこともあって、なんだかよく分からないのです。

続きを読む

施術とセミナーのお知らせ

次回の施術と個人指導は、11月13日(金)14時~19時、11月14日(土)9時半~14時。セミナーは14日(土)15時~16時半。

場所はいずれも、新旭川地区センター。(変更になることもあります)

合気道は面白い

最近スクール生たちと合気道を行ったりしましたが、合気道は体が解れるので、その内またやろうかと思います。

合気道は一般的でもないので、よく分からない人もいれば、面白そうだとか、あんなの嘘じゃないのと思う人もいるかもしれませんが、一つ言えば、合気道をやって達人になれる確率は、野球をやってイチローになれる確率と同じようなものです。

合気道をやったからといって、達人にはなれない。

というより、99%の人は達人にはなれない。そう言えば嘘くさいと思う人でも、少しは納得がいくでしょう。

警察官だから正義感が必ずしもあるとは限らならない様に、全ては個人的な問題なのです。

続きを読む

31日のセミナー内容

最近セミナーの方向を行っていませんでしたが、今回は最初に各筋トレの問題点をそれぞれ説明し、それを改善したトレーニング法を説明しました。

筋量は増えすぎると問題になることもありますが、筋力に関して言えば、スポーツでも武道でも、あればある程いいものです。よく合気道では力はいらないと言われていますが、それは三角筋だとか上腕二頭筋などの筋力はいらないという話で、力が入らない訳ではありません。

合気道の達人は皆力が強く、死ぬまで鍛錬を続けられていた。

問題なのは、筋トレのやり方です。

続きを読む

感謝の強要

感謝が大事だと言っても、親が子供に「毎日食事を作って貰っているのだから感謝しなさい」といったことは、もし食事を作るのが母親で、父親がそう言うのであればいいと思いますが、余り賢いやり方ではない。

作りたくもないのに毎日頑張っているのだから、大変ではあると思うのですが、余りそう言った感情になってしまうと、喉が渇いている人に、天然酵母でパンを手作りして食べさせようとするなど、空回りしてどんどんおかしな方へと行ってしまいます。

言うとすれば、お米に感謝しなさいとか、農家の人に感謝しなさいとか、鳥さんに感謝しなさいとか、そういった教え方。そうすることによって自然と、「毎日ご飯を作ってくれる親に、感謝しなければならないな」となっていく。

続きを読む

感謝をすれば自分に返ってくる

「感謝をしなさい」とはよく言われることです。と言っても最近は余り言われないのかもしれませんが、スポーツなんかではよく言われています。

しかしこれはマナーだからだとか、礼儀だとかといった解釈がされがちですが、そういった形式的なことではなくて、感謝をすれば結局自分が得することになり、反対に感謝が出来なければ、自分が損してしまう事になる。だから感謝しなさい、ということです。

続きを読む