こんな所にも勝利至上主義がある

昨日、体育館にある格技室に、少し運動に行ったのですけどね。その時の話。

ちなみに今は武道場だとか、柔道場とは言わない。それと昔の武道場には神棚があったけど、今は宗教上の問題で、神棚は置かなくなった。

それについては、色んな考えがあるのではないかと思うのですけど、知らない内に色々進んで行く、何てことはよくありますね。

 

格技室に行った時間帯は、いつもは貸切ぐらいに誰もいないのだけど、夏休みもあって、子供たちが大勢来ていた。

と言っても、よく見ると、「〇〇塾」なんてTシャツ来ていて、全員ある空手道場の子供たち。またその親たちも来ている。

それで思い出しましたが、この団体は前にも見たことがあって、普段は使わないのだけど、休みの時だとかに、たまにやってくる。

続きを読む

病気や痛みは自分で作り出す

もしかしたら残念なことなのかもしれませんが、全ての病気や痛みは、自分で作り出している。

これの理解はとても難しい。しかしまずは全てだとは考えず、少しずつ理解して行けばいいでしょう。

 

たとえば関節痛になるというのは、肉体的なことで言えば、体の使い方が間違っているよと教えてくれている。

スポーツであれば、体の使い方、練習、トレーニングが間違っている、ついでに肉体的以外のことまで言えば、考え方が間違っている、ストレスがある、ということを教えてくれている。

 

先生が悪い、親が悪い、もしかしたら先祖が悪い、何て考え方もあるのかもしれないですけど、自分が変わりさえすれば、変わる事であるから、自分で作り出していると考えられる訳です。

続きを読む

張本さんのコーナー

夏の高校野球岩手大会の決勝で、花巻東と対戦した大船渡が、Max163kmを出す話題のエース佐々木朗希投手を、3年間の公式戦の中で一番故障する可能性が高かったため、故障を防ぐために起用せず、 2-12で大敗したことで賛否両論が巻き起こっています。

それについて張本さんが、サンデーモーニングのコーナーで、

「最近のスポーツ界で私はこれが一番残念だと思いましたよ」と、大船渡の采配に憤慨し、

「ケガが怖かったら、スポーツはやめた方がいい。将来を考えたら、投げさせた方がいいんですよ。苦しい時の投球を、体で覚えて大成した投手はいくらでもいる。楽させちゃダメ。スポーツ選手は」

などと語っていた。

続きを読む

簡単に信じてしまう仕組み

たまにでもいいのだけど、全く当りもしないエセ宗教家みたいな人には、うんざりするものですが、しかしそれでも不思議と、自信満々に断言されると、信じる人は信じてしまう。

これは新しいダイエット法に飛びつくのと同じようなもので、客観的に考えれば、前も外れているんだから、また外れるだろうとなりそうなものですが、前に何度も外れていることは余り考えなかったり、また次こそはあるだろうと、信じてしまう。

特に日本人の場合、自分で判断する責任を持ちたくない、断定して欲しい所があるから、自信満々に言われると「そうなのか!」と思って信じてしまうのです。

続きを読む

令和時代の話を少し

平成から令和と変わりましたが、恐らく殆どの人は、元号が変わったことくらいにしか、考えていないのではないかと思います。

しかし、私の感覚から言えば、偉い変わって、特に去年からですが、その時代の変化にかなり戸惑っていました。

またセミナーで令和時代の話をして、今はお笑い芸人が、報道番組やったりと活躍していますが、それも変わるといった説明をした後、早速、闇営業問題が起きた。

続きを読む

治らない本当の原因

どんなものでも重要なことは、根本的な所です。

病気や体の痛みでも、多くは症状に囚われ、それを取り除けば全てが解決するみたいに考えがちですが、根本原因が変わっていなければ、たとえその症状が取れたとしても、また時間と共に出て来るし、もしくは違う形に変えたり、もっと酷くなったりする。

整体にしても、大体の人は治して貰おうと来ますが、その気持ちは分かるものの、あくまで先生は補助的なもの、ヒントを与えるようなもので、自分が作り出したものを、変えることが出来るのは、自分しかいない。

続きを読む

テレビ見ると頭悪くなるよ

例えばなんだけど、最近は闇営業問題をよくやっていますよね?

あれ見てどう思いましたか?

宮迫は嘘ついたから悪い、反社会勢力と付き合った、そのお金を貰うとはけしからんやつだ、でもあそこまで反省しているなら許してやろう、岡本社長がダメなんだ

と、まぁ色々考えはあるとは思いますが、そんなような感じのものだと思います。

考え方というのは、色んな考えがあるので、それはそれでいいかと思いますが、重要なことはもっと根本的な所ではないでしょうか。

続きを読む

何故間違っている人程、自信があるのか?

旭川から帰りのJRで指定席を買っていたのですが、私の席に女性が座って、隣に荷物も置いている。座席を確かめながら、「今日は混んでいるのかな?」と、思っていたら、その女性が、

 

「指定席ですか?指定席は向こうですよ」

と言う。

 

私は乗り込む時、指定席の車両を確かめ、シートには指定席といったものは書かれていませんが、車両の入り口の「指定席」を確かめ、それで番号を確かめていた。

「え?」

と、一瞬間違えたかなと思って、反対の入口に書かれているのも確かめてみたら、やっぱり指定席になっている。

続きを読む

プロを目指しているなら、まず自分に素直になる

プロになれるかの道は、基本が出来ているかどうかですが、多くの場合は基本が間違っているため、それを変えれるかどうかにある。

変えるというのは、過去の自分を捨てるということで、自分を変えることは中々容易ではない。

しかし容易ではないからこそ、プロになれる人がごく一握りの人でしかなく、それが出来た人が、多くの人の憧れの対象となり、夢となる。

ただ難しいと言っても、王族になるとか、止まった身長を30センチ伸ばすとか、足を四本にするといったことではないから、変えるかどうかは、自分で決めることが出来る。

続きを読む