想定外と防災お勧めグッズ

最近は、ワールドカップバレーに、ワールドカップラグビー、また世界陸上と、忙しいですね。ある意味オリンピックみたいなもんですね。

 

いよいよ明日から増税になりますが、何か買いだめみたいなことされたんでしょうか?

今日スーパー行きましたら、爆買いしてた感じでも無かったですが、少し込んでました。

そのスーパーで買い物した話なんですが、おばちゃんがレジで、「ポイントカード作りますか」と言うんで、「いらない」って言ったんですけど、「今日は10倍だよ」と言うんで、よく分からないけど、折角言ってくれたんで作って貰った。

 

また支払いは自分で操作するのですが、レシートが出て来た時、態々ここにポイントが出てるとか、何曜日がポイント二倍になるみたいな説明もしてくれた。

レジは結構並んでますから、大したもんだなと思いましたね。

続きを読む

爆買い始まってます

近所のホームセンターに行ったら、なんか混んでるなと思ってよく見ると、ティッシュだとかトイレットペーパーとか、皆爆買いしている。

「増税って凄いんだな」と思って見ていましたが、会員限定で10%引きになっていたので、10%引きなら増税に関係なく、安いかもしれない。

でもそれ見て思ったのだけど、そこまで爆買いするんだったら、災害対策で水とか買い置きするぐらい、いいんじゃないか。笑

セミナーで、一人暮らしならともかく、家持っている人いるなら、一人1日3リットル×3日分を、期限が近くなったら、使えばいいんだから、あってもいいんじゃないかと話していましたが、それでも荷物になったりもするから、控えめに言ってましたけど、あそこまで爆買い出来るスペースがある訳ですからね。

続きを読む

山は怖い 山梨キャンプ場 女児行方不明

山梨・道志村のキャンプ場で、小学1年生の女の子が行方不明となって今日で4日目だとか。無事に発見されるといいですけどね。

今は山菜取りなども余りしないでしょうから、山に入っても登山ぐらいで、山は、一般の人が行く登山のような、イメージを持つかもしれませんが、山は結構恐いですよ。

 

登山は、基本的に登山道を通るから、比較的分かりやすいし、目的もはっきりしている。

しかし何気なく入ってしまった山は、マダニとか、マムシとか、熊といった危険性だけでなく、どこを見ても全く景色なもんだから、方向が全く分からなくなる。

また昼であればまだしも、夜はかなり怖いと思います。

続きを読む

原因の兆候と運命の分かれ道

生きている中で、痛み、病気、事故、災害、失恋、会社の倒産、リストラなど、出来れば経験したくないようなことが、色々とありますが、全ては突然のように思えても、100%突然にやって来るものではないです。

たとえば死ぬ時にしても、私は未だ確認したことはありませんが、三日前には体のある部分に硬結が出るそうで、それが出たのであれば、何をやってもダメだそうです。

なんだか北斗の拳みたいな感じですね。

それはさておき、必ず何らかの兆候が出ていて、そのサインに気づけずにいると、自分としては、突然降りかかって来たかのように感じてしまう。

続きを読む

壁と合気道

合気道で「座りの呼吸法」と呼ばれるものがあります。

お互い正座した状態から、相手に両手首を持って貰う。そこから基本の型では、相手の脇口に腕を伸ばして、相手の肘を上げ、そこから横に倒したりする。

しかし相手が投げられまいと、踏ん張ったりすると、基本の型通り出来ない事もある。

 

そうすると、「合気」と呼ばれるものが分かっていないと、正面に押してダメだから、横はどうだと、左に押す。

しかし左がダメだったから、今度は右にしてみたけど、それもダメで、じゃあ下はどうだ、上はどうだとやるのだけど、全部出来ない。

これは本人にすれば、色々試しているようだけれども、実は質的に全て、全く同じことをやっている。だからどんなに右だの左だのとやっても出来ない。

右とか左とか形の問題ではなく、質の問題で、質を変えなければならず、その質を変えることが中々難しいのですが、この「座りの呼吸法」は、壁に対する対処、考え方と全く同じなのです。

続きを読む

壁にぶち当たる重要性

災害があることは、困ることではあるのだけど、災害があることによって、色々な対策を取るようになり、次に災害が起きた時には、被害を抑えることが出来る。

旭川にしても、明治、大正、昭和と、昔は水害が多い地域でしたが、治水工事などを進めて行ったことで、去年水害があったものの、それでも昔のような水害は起こらなくなった。

北海道胆振東部地震にしても、それが起こったことによって、道内の電力需要の約半分を担っていた、苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所一つに、電力供給を過度に頼っていた、「集中電源」の問題があらわになり、その対策が進められるようになりました。

 

つまり何らかの失敗は、デメリットだけではなく、問題に気づき、対策を取るというメリットもあり、それがあることによって、進化していくことが出来る。

逆に言えば、進化のためには失敗が必要であるとも言えるし、そうした経験がなければ、問題に気づかなかったり、中々対策を取ろうとしない。

続きを読む

災害と苦情

余り不安になられても困るので、災害についての話は、暫くやめておこうと思ったのですが、今はまた台風の影響で、千葉がまだ停電していますね。

なんだか、毎週のように災害がある。

たとえ南海トラフ巨大地震も様なものが来なくても、今回の災害でも、廃業に追いやられた人もいましたし、台風などの災害に遭えば、停電ぐらいなったりもするでしょう。

また2日ぐらいの停電ならまだしも、停電が5日、または2週間とかなると、かなり大変です。

 

北海道胆振東部地震でもそうでしたが、今回の長い停電で、ポータブル電源がかなり売れているのだとか。

私も持っていますが、落ち着いたらもうちょっといいやつ買おうかな、とも思っています。

今は企業も自家発電を備えるようになってきて、千葉も災害対策を行っていた所でしたが、それでも電気が無くなったら困るなという人は、ポータブル電源が、あってもいいかもしれませんね。

ちなみにガソリンを使った発電機は、外で使いますが、ポータブル電源は、バッテリー式なので、家の中や車の中など、どこでも使えます。

続きを読む

ノーサイドゲーム見てるよ

ノーサイドゲーム見てみてと言われたので、試しに見てみたら、割りと面白くて、元日本代表選手が出ていたり、ラグビーのちょっとした勉強にもなるかと思って、毎週見てます。

と言っても、特に序盤は突っ込みどころ満載でしたけどね。

今にしても、ライバルのサイクロンズの監督の指導法が古いはずなのに、昨シーズンは全勝して優勝、今シーズンも全勝のまま、最後にアストロズと優勝をかけて戦う。

圧倒的な資金力があるにしても、そこまで結果出しているなら、指導法はいいんじゃないかと思う。笑

続きを読む

間違いは変えられない

スポーツで、間違ったことを教えるリスクというのを、余り考えたりしないのですが、一つは元々投資など行わないこともあり、リスク管理の考えを持っていないことがあるのと、もう一つは、間違ったことをしても、変えられるという考えにある。

もちろん人間は間違う生き物で、日々毎日数えきれないほどの間違いを犯しているし、スポーツでも間違うことは当然のことで、一流のアスリートや一流の指導者であっても、間違うことは当然ある。

 

3割バッターのようなものだと言えば、分かりやすいかもしれない。

3割バッターは、裏を返せば、7割失敗しているのですが、それでも3割打てれば成功になる。同じように人間は、数多くの間違いをしているのだけど、3割合っていれば、もしかしたら成功と言えるのかもしれない。

自信があるようなタイプは、「自分は正しく、間違うことなんかない」と考えますが、それは間違いに気づこうとしていないだけで、大体の人は、9割ぐらい間違っているものなんです。

続きを読む