相手に合せるとは

相手に合せると言うと、一般的には八方美人的なイメージがある。また相手に合せたことによって、自分が疲れてしまったりするでしょう。

しかし本当に相手に合せると言うのは、相手を尊重しながら自分も疲れず、自分も相手も一緒にいい方向にいくというものです。

だけどそれがとても難しい。しかしまずそれに気が付くだけでも、また違うんじゃないかと思います。

 

この相手に合せるという事を、時折セミナーでも行ったりするし、整体のスクールでも説明したり、合気道を教える時にはよく行ったりしますが、どうしても自分の都合で何かしようとしてしまう。

例えば今の時代は、体は動かさずリモコンで操作することに慣れてしまっていますが、その延長で物事を考えたり、体を動かしたりしてしまいますが、こうしたやり方で相手に合せることは、無理です。

手先でなんとかするのではなく、自分の本体が動かなければならない。

 

整体の手技で説明すると、私が足裏を解す施術の方法は、見た目は別になんてこともないものです。しかし見た目とは裏腹に、少し難しいし、教えない限り普通の人はまず気づかない。

特別にその方法を少し教えますが、まず足を持ち上げて太ももに置くのですけど、その際に相手の足が何の抵抗も無いように、楽に曲げる様にしなければなりませんが、どうしても自分の都合で、足を引っ張ったりしてしまう。

そうすると鈍感な人では、悪くなっても本人は気づかなかったりしますが、私みたいに敏感な体だと、そうされるだけで体を痛めてしまうのです。

そのためこの場合は、相手の関節の動きに合わせて、自分の本体を動かしセットするようにする。そうすれば施術をする時にも楽だし、相手も当然楽。

こうしたことが相手に合せるという事。

 

他にも私の施術の特徴として背中を揺らしたりしますが、自分がおっちゃんこしたままでは、背中上部の方に行くと、手が届かなくなってきます。

そうすると手の方向が斜めを向いてしまい、力の方向も斜めに加えることになりますが、筋肉には直角に力を加えていかなければならないので、それではいくらやっても意味の無い無駄な施術になる。

そのため見た目には分かりにくくても、自分の本体が微妙に移動するという体の操作を行っているのです。だからおっちゃんこして、せんべい食べながら横になって休んでいるようにしている訳じゃない。

自分が相手に合せて体を動かす。

といっても、なるべく負担無く動く様にするのが、相手に合せた動き。

 

しかしこうした話は、いくら話しても余り意味が無いようにも思える。

なぜならそれだけリモコン操作的な体の使い方と、考え方に慣れてしまっているために、言われた所で、全くよく分からないためです。

だから今は、人に合せるのではなく、自分というものがあって、「自分はこうだ!」と言うのが強く、学ぶことや吸収することが出来なくなっている。

考えや体が、居ついてしまっているのです。
 

例えばプロのアスリートになりたいのであれば、それはプロの会社に就職するようなものですから、それに合わせて、どうやったら採用されるのかなと、逆の発想で考えなければなりませんが、それを何も考えず、自分はこうだ、こう思っていると勝手に考えて、その努力をする。

そうして採用されなければ、才能がなかった、プロになることは難しいと、自己解釈をする。プロになる事が難しいことは確かですが、そういうことではないのです。

昔の侍は、椅子に座る時は、椅子に深く座り、背もたれにもたれるということはしませんでした。なぜならそれでは、居ついてしまい、直ぐに動けないからです。だから何かあれば、斬られてしまう。

そのため直ぐに動ける様、ちょこんと座っていた。

これと同じようにこころも体も、座り込んだようになっていると、身動きが取れなくなり、自分の身を斬ってしまうことにもなってしまうかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>