オリンピックの知られざる裏

感動であっという間に終わったオリンピックですが、オリンピックについて知られていないことも多くあります。

今回は動画を三つ紹介しますが、見ても色々と意味が分からない事もあると思いますが、オリンピックとはどういうものなのか、全く違う視点から勉強してみたい人は、見てみて下さい。


 

まずはウサインボルトの5分程度の動画から。

4×100メートルリレーでゴール直後に、悪魔の数字とも言われる666のサインを見せたことが、アメリカで話題になっている。

この動画だけでなく、666の指サイン、フリーメーソンを表す一つ目、悪魔を象徴するコルナサイン(指の形)、またフリーメーソンの指輪をはめている姿などが、写真に写っています。

bolt bolt

bolt2

 

次にオリンピックの閉会式について17分程度の動画。14分ぐらいの所まででいいと思います。

この動画の中では、キューブ、ペンタグラム(五芒星)、ピラミッド、ダイヤモンド、太陽、炎、巨大サークル、X、666、クリスタルボール、子供の手形、23、キリスト像がイルミナティのシンボルが組み込まれていると説明されている。

悪魔崇拝というのは、生贄を捧げたりするのですが、それは今でも行われているとされ、実はかなり多くの子供が行方不明になっていたりする。

子供の手形は、そうした視点からこれを見るとちょっと怖い。

またこうしたシンボルは、リオオリンピックだけではなく、北京オリンピック、ロンドンオリンピックなど、他のオリンピックでも使われています。

それとこの動画を紹介したからと言って、私自身が、キリスト教を信じなさいとか、聖書を読みなさいと言っている訳でも、私自身がどこかの教会に行って、どこかの信者になっているとかではありません。

ただ政治経済などを理解するためには、キリスト教を理解しないと、根本的な部分では理解出来ないんです。

例えば外国の人が日本人を理解するのに、宗教的な背景なども分からなければ、深い所まで理解出来ないのではないでしょう。

 

韓国は実はキリスト教が結構多いのですが、日本は世界的に見ても、キリスト教はかなり少ない。だから余り関係ないかのようにも思うのですが、どうも相当関係しているようなのです。

これに関しても、これから少しずつ説明していこうかと思いますが、本当に根本的な所までの話は、とても信じがたいような話にもなってくる。

 

最後はオリンピックの起源についての動画。

22分弱あるので、時間の無い方は、時間のある時にでも見てみて下さい。

これを見ることによって、ただ単に平和の祭典だと思われていたオリンピックが、元々はどういうものなのかが、分かると思います。

上の動画一つだけを見れば、悪魔がどうのなど、信じがたかったりすると思いますが、オリンピックの歴史を勉強すると、そうしたことがあっても、不思議ではないと思えてくるでしょう。

 

動画の要約。

オリンピックという言葉は、古代ギリシャのオリンポス山、またオリュンポス12神を指す。紀元前776年に開催され、古代ギリシャの最高神ゼウスに捧げられた。

そのゼウスとは、バアルのこと。

オリンピックにおいて選手たちは、彼に対し忠誠を誓う必要があった。

 

後に古代オリンピックはギリシャにおいて禁止され、フランスのイエズス会員、ピエール・ド・クーベルタン男爵によって復活する。

当時の法王、ピウス10世に会い、ピウス10世はオリンピックの復興に賛成する。そしてカトリック教会はオリンピックを推進。

クーベルタンは、国際オリンピック委員会(IOC)の父となる。

クーベルタンは、

「古代または現代におけるオリンピックの重要な性質は、まず第一に宗教であることだ」

「それは教会という枠組みを超え人類における最高位の宗教となる。」

と言っているが、これはワンワールド、反キリストを崇める宗教となる。

 

トーチリレーなどで使う炎は、火の神を崇めるもので、それがプロメテウス。プロメテウスとは、ルシファーの象徴。

トーチリレーは、古代では行われていない。

トーチリレーを考えたのは、アドルフヒトラー。またヒトラーはベルリン大会から、それまで余り重要とされなかった五輪マークを推す様になり、それが今に引き継がれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>