ヘルニアの隠された原因

全く別の話ではありますが、幽霊のちょっと続きの話。

最近腰椎ヘルニアのことを考えていたら、たまたまその日に、ヘルニアだという人と知り合った。何でも病院に行ったけど、そこでは手におえないから、大きい病院に行ってと紹介されたらしい。

症状を聞くと、足も上がらず力も入らず、左足全体に痺れがあるという、確かに少し重い症状がある。

また息子もヘルニアがあるのだとか。

 

聞いた内容はそれぐらいで、それ程詳しくは聞いていないのですが、その人のラインのプロフィール画像を見ると、悪魔みたいな画像を使っている。笑

悪魔!?

と思って聞くと、千と千尋の神隠しに出て来る、子供が作った顔なしの力作だとか。

 

kaonashijpg

しかしどう見ても悪魔にしか見えない。笑

それだけならまだ別にいいのですが、私はそれを見ただけで、胸が苦しくなる。

かなり悪い波動を発していて、成る程、それが関係しているのかと考えたのですが、まさかそんなものが関係しているとは、露にも思わないでしょう。

人は常に色んなものから影響を受けていますが、ちょっとした画像でも影響は受けるし、影響力の大きいものもある。

 

やんわりでもなかったかもしれませんが、画像を変えて貰うように言って、しかし変えるつもりはなさそうなので、早々に削除した。

確かにどこの人かもよく分からない人に、娘の力作を否定されれば、面白くないし、よく知らない人よりは、娘の力作を選ぶでしょう。

私としては、その力作に拘らず、別の力作にしてもいいようにも思いますが、そういう訳にもいきませんね。

 

その画像の影響が分からないというのは仕方のないことですが、しかし体など何か問題が起きているというのであれば、何かを変えなければ、それは何も変わらないということです。

しかしこれも西洋医学の対処療法を主としたものに慣れ、教えて貰うこともないので、分からないのかもしれません。

また否定されたくない場合は、より強くそれを信じるようになる傾向がありますが、その人は私のアドバイスよりも、画像を選んだので、画像をより大事にする。

それと同時に、今の体の症状もより大事に抱きしめることになるのですが、それもまた、自分自身が選んだことでもある。

 

機会があれば施術してあげようかとも思いましたが、私との縁はなかったので、生理になると症状は治まるとのことで、「だったらそれはヘルニア関係ありませんよ」と、最低限の事は教えましたから、後は本人の問題で、他の人にはどうしようも出来ない。

道をどう選んで進むかは、本人が決めて進むしかないのです。

だから人生というものは厳しいものだし、難しいものですが、これはもちろんその人だけではなく、誰だってそうで、教えて欲しいことですからね。

しかしヒントは与えられたとしても、最終的には道を選んで進むのは自分になる訳です。

 

幽霊とは余り関係の無い様な話となりましたが、まず一つは、私がヘルニアについて考えた時に、たまたまヘルニアだという人に出会ったという偶然。

よく言う引き寄せの法則ですが、じゃあなんで引き寄せられるのかというと、幽霊ですね。笑

一般的には幽霊とは言いませんが、見えない力が働いている。

それと画像も、鶏と卵の関係の様に何が先なのかなどは分かりませんが、これも見えない何かの力が働いていて、幽霊みたいなものでしょうか。

 

私が思うに、一般的に言われている幽霊というのは、よく言う低級霊と呼ばれるようなものを言っているのではないかと思います。

また幽霊などのテレビ番組で、幽霊の固定観念が植え付けられているように思いますが、「お化けだぞぉ~」みたいのだけが幽霊じゃないですね。

 

ついでに言うと、生霊と呼ばれているのがありますが、あれもよく分かりませんが、別に姿形があるものではないのではないかと思います。

世の中には、体に光の槍のようなものが刺さって見えるという人もいて、そんな事があるのだろうかと思っていたのですが、それは恐らくその人にとってそう見えるというもので、必ずしも実際にそうなっているとは限らない。

つまり見え方が人によって違うということです。

 

生霊というのは分かり易く言えば、思いのことで、その思いは気づかない所で影響し合っています。

憎しみだけでなく恋もそうだし、親の子への思いも、生霊ということになる。それによって調子悪くなったり、よくなったりすることはあるんです。

やっかいなんですけどね。

 

注意しなければならないのは、親の子への思いが、逆に呪いをかけていたりもしますから、気を付けて下さい。

上手く行っていなかったのであれば、一生懸命呪いをかけていたのでしょう。

そういう場合は、思い方などを変えていくことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>