宗教の補足

昨日も寝る時に体の反応があって、爆音はしなかったけど、耳と頭が突き抜けていきそうな感じがしていた。

半分おっかなさと、リスク回避で止めて起きましたが、自分一人で手さぐりで行うことは、中々難しいものです。

昔は禅病と言って、坊さんが座禅を組んだりしておかしくなる人が多かったですが、私も実際に治療、武道、ヨガなどの分野で、ちょっとおかしくなったような人を見てきました。

ある人は、コンロに火を付けたまま外出してましたよ。笑

 

瞑想にしてもいいものだと思われていますが、ちょこっとやる程度なら全く問題ないものの、頑張って、また真面目にやり込むなどして、一歩間違えた時は、頭がおかしくなったり、病気になったりする。

精神に異常をきたしたり、障害を持っている人も、実は体のエネルギーの問題から来ていることもあります。

釈迦が悟る前、瞑想中に悪魔がやって来て誘惑して来たエピソードがありますが、人間は弱い生き物だから、何かあった時は弱い方に行きやすいし、原因も対処法もまず分からないのです。

 

宗教の話で、神というのは共通していると思っていたけど違うかもしれない、と書きましたが、一応誤解の無いように補足しておきますが、共通しているものもあります。

それもまた面白いのです。

一般にユダヤ教、イスラム教、キリスト教は、一神教で呼び方が違うだけで、同じ神だと言われていますが、それ以外にも日本の神と共通しているのではないかと考えられるものもあり、

ミトラ(ミトラス)教の太陽神ミトラスは、牡牛を殺し、それによって人類に繁栄と救済をもたらした、と信じられを礼拝していましたが、その名残がスペインの闘牛として残っている。

また日本で「犠牲」という漢字には、不思議と牛偏が使われていて、そこから共通性が分かるのです。面白いですね。

細かい話はまたその内。

 

私は多少宗教的なことの勉強をしてはいますが、新興宗教などはともかく、スピリチュアル的なことに手を出して、おかしくなっている人が少なからずいること、またデメリットなどよく分からないことなどが多いことからも、

現時点で手を出さない事が無難ではないか、またそうしたことをやるよりもまず先に、目の前のことに対して、地道な努力を続けることの方が、先だと考えています。

現実の世界が上手く行かないと、こっちの世界なら上手く行くんじゃないかと、新しいダイエット法に手を出すやり方じゃ上手く行かない訳です。

 

ついでに「伝授」と別に名前がついていなくても、そうしたセミナーに出たりするのも、そうしたものと同じだったりもする。

女性に人気があったりするレイキも、実は問題というか、デメリットもあったりします。

ただ何を選択するか、何をやりたいのかその人次第なので、後は自己責任でしょうか。

 

ただ一つ言えば、2039年(説によって誤差あり)には、AIが人間の知能を超えると言われていますが、その他に、魂などの存在が一般化される、と言っている人もいます。

つまり今は魂の存在を感じる、目えると言う人は、殆どいませんが、携帯が一般家庭に普及したのと同じように、一般化して知られる様になり、物質の世界から変わっていくと言われている。

だからもしかしたら今後、大きく変わっていくかもしれません。

でも、後からでもいいような気もしています。

だって分からないでしょ。笑

そんなことはあり得ない、と思う人も多いとは思いますが、量子力学や素粒子というのは、簡単に言えば、霊の世界みたいなもので、面白い科学的実験があるので、今度紹介します。

 

それとこれもついでに話をすれば、自動書記と呼ばれる、何らかの力によって、勝手に手が動いて書き続ける現象がある。

モーツァルトなんかもそうだと言われていますが、普通に書き写すだけでも不可能の量の楽譜を残しているのは、自動書記だったのではないかと言われている。

大本教(と言っても知らないかもしれませんが)の開祖出口なおも、1万巻(半紙約20万枚)を書き残しましたが、それも自動書記で、また自動書記でもなければ無理です。

他にもそういう人は沢山いますが、よくは分からないけど、不思議なことはありますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>