神社でお参りしたらおかしくなった話

私は少し思う所があって、ここ暫く初詣というものをやっていません。だから今年もやっていないのですが、日曜日に「試しにやってみるか」と思ってやってみました。

と言ってもお参りというか、繋がるような感じのイメージ、モードにしてみたのです。

するとどうなったかと言うと、腕が痛くなった。笑

 

痛いと言っても、激痛みたいなものではなく、少し痛い程度なもので、もしかしたら、たまたまだったのかもしれません。

ただ不調になった時、私も体のどこかが痛くなったりもしますが、そうした時にはまずならない部位で、痛くなる事は珍しい。

その後は軽く運動し、それで取れたかなと思ったのですが、腕の痛みはそれからないものの、昨日ちょっとしたことをきっかけに、不思議と酷くメンタル的に落ち込んでしまった。

今日の午前中まで、落ちていたのです。

 

しかし落ち込んではいたものの、もう一人の自分というか、本来の自分は正気で、不思議と落ち込んでいる自分を、「一体何で落ち込んでいるんだ」と観察できる状態ではありました。

それで最近は少し忙しく、忙しさに追われているような感じでしたが、ちょっと瞑想のようなことを行う時間を作り、やってみると回復した。笑

 

私は確かめなければ気が済まないこともあって、未だに霊というものを信じられない。

頭では、どうも霊や神と呼ばれるような存在はあるようだと考え、または仮定し、それが本当なのかどうかを検証していますが、恐らくあるだろうなとは思うものの、100%の確証がないから、信じれてはいないのです。

こうしたことは、余り言うと変に思われるかもしれませんが、最近はそれを自分なりに白黒はっきりさせようと、取り組んでいる訳です。

現在の所は、そういう意味で信じてはいないのですが、時折変わった体験をしたことはある。

 

もう10年以上も前の話ですが、うつ伏せになっている男性のお客さんを施術していて、「いや~酷く気の流れが悪いな」と感じた。

しかし、「いや待てよ。これ気じゃないぞ」と思った瞬間、何かが確実に自分の体の中に入り込んできたのです。

「すぅ~っと」とかではなく、いい喩えが思いつきませんが、こんにゃくゼリーよりも、もう少し柔らかい感じのものが、みぞおちの辺りに入ってきた。

 

また施術している時は、集中しているのでいいのですが、それが終わった途端、酷く具合悪くなって倒れ込み、次の仕事が出来ないんじゃないかと思うほど、30分うんうん唸っていました。

次の方は若い男性で、具合悪かったものの集中力で何とかやりましたが、話している間に話が段々盛り上がって、そうすると私の中に入り込んでいたものが、途中で居心地が悪くなったのか、どっかに行ってしまったのです。

それで私も元気になった。

 

この時の感覚は、何と表現していいのか分からない程に、非常に気持ち悪いものでしたね。

施術して肉体的以外の要因で、動けなくなるほどに疲れてしまう、なんてことは時折ありましたが、ここまで確実に感じたものは初めてでした。

また何が入って来たかは分からない。分からないけど、一般的に言えば霊というものでしょうか。

しかしそうした体験をしていても、常識ではないものを信じたくないからなのか、確信するまでには至っていない。

それぐらい人は、常識に縛られるのでしょう。

 

最近も、人づてではありますが、納棺師の人がお化粧なんかすると、その人の霊が側に立っているという話を聞いた。またその人は、道で歩いている人を見ると、動物に見えることがあるのだとか。

そんな話を聞くと、「ほんとかしら?」なんて思う。

自分がそう言うものが見えないので、そんなこともあるのだろうかと、やっぱり思ってしまうのです。

だから私の体験も、同じように「ほんとかしら?」と思われるかもしれません。

だけど、私も信じれていないから、別に信じて頂かなくてもいい。笑

これも何度も言うように、そんなことより、まず目の前のことを地道に努力していく、現実的に取り組んで行くことの方が大事で、そういった話を信じて実践して欲しい。

たとえばスポーツのこととか。

 

ただ施術に関して言うと、広く知られているごく一般的なある症状は特に、確実に何かが関係しているという実感を持ってはいます。

それは今まで肉体的アプローチを散々行って来た経験があり、肉体以外のアプローチをやった場合に効果がある事から、それが言えるのです。

ちなみに、「気」というものは、確実にあります。これに関しては断言できる。

 

それとついでに言いますと、私は一般的にイメージされるような霊に興味がある訳ではなく、興味があるのは、分かりやすく言えば、「神」と「真理」です。

それが知りたい。

お化けなんか見えても、特にいいことなさそうですからね。

でも神が分かったなら、楽しそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>