まずは家畜から奴隷に変わろう

家畜から奴隷にというのは、凄い言い方ですが、しかし家畜のような扱いをされていると言っても、言い過ぎではないように思う。

(もし家畜と言われてよく分からなければ、昨日の動画をまず見て下さい。)

一般的には、

「お酒を飲んだり、ゲームをしたり、旅行したり、アイフォン買ったりしているから、自分はある程度自由に暮らすことが出来ている。だから私は家畜などではない」

と、思ったりしますが、恐らく家畜も、そんな感じで生きているのではないでしょうか。

 

もちろん動物だからアイフォンやゲームは出来ないけど、自分たちの世界はこう言うものだと思っていて、そこに不満はあるのかもしれないけど、その中それなりに生きている。

だからこそ抵抗しない。

それを人間に当てはめて考えれば、同じような気がするのです。

本当であれば、もっと自由なのかもしれませんよ。

 

例えば会社の上司に怒られたり、自分の子供のことで悩んだりあるかもしれませんが、もしかしたらそれは、家畜制度のせいかもしれません。

それが無ければ、もっと自由に楽に、また皆と楽しく暮らせることが出来るでしょう。税金が税金として使われていない訳ですからね。

この世はイス取りゲームであると言われる様に、必ず誰かが負けるようになっているし、また誰かと言っても、支配者以外は皆負けるようになっている。

それじゃあ、中々皆が幸せになれない訳です。

 

しかし問題なのは、支配者がいることではない。

縄文時代は別にしても、いつの時代も誰かしらの支配者はいた。ただ日本の場合は、ヨーロッパのような王様とは違って、大名もそんなに贅沢したりせず、質素な生活だったりしました。

そうしたものは今でも残っていて、日本の社長が、社員と同じような制服、作業服を着ていたりすると、海外に行った時に驚かれる。

それはそれとして、問題と言うか残念に思うのは、支配者がいることではなく、そうした世の中に多くの人が気づいていない事で、何も知らない羊たちが、日々製造され続けていることではないでしょうか。

 

学生時代に弁論で、ゴミ問題とか環境問題とか書いた記憶がありますが、無知というのは可哀想なものです。もちろん環境問題とかはありますし、大事なことではありますが、根本的な問題に気づいていない。

たとえ罪の無い子供たちであっても、騙されることになる。

大人も気づいていないから、それは当然でしょう。

 

皆で頑張れば、中央銀行を無くすことも出来るかもしれませんが、それが悪いなどとは思っていないのだから、まず家畜から奴隷にレベルアップして、気づけるようにならなければ、どうにもならない。

皆で少しずつ気づいていけば、ロシアが中央銀行システムから抜け出したように、絶対に不可能なことでもありません。

 

ついでに言えば、「気付く」というと、アセンションみたいなことを言って、「自分たちは高次元の優れた人間だ」、のように言う人がいますけど、その人たちが何か変わったのか、税金払わなくてもよくなったのか、プロアスリートになれたのか、地球を変えることが出来たのか、

またインフレとデフレなどによって、大損こいたり、借金まみれなどになっても、「私は高次元です」と言っていられるのか、年収二百万円以下で、養う家族がいても、高次元と言っている人が、不自由に感じず、幸せに生活出来ているのか、私にはよく分かりません。

 

今はネットがあるから、一旦広まったりすれば、変わる可能性も多くある。

そういうこともあって、YOUTUBEでも再生回数の操作などが行われているとも言われていますが、だけど完全に押さえつければ、その反発はすさまじくなりますからね。

逆に言うと、普段何もしないだけで、反発するだけの力は持っている。

 

ちなみにインターネットって、日頃使い慣れていて、全然意味を考えたことが無いと思いますが、internetのinterは、埋める、埋葬する、葬るなどの意味がある。笑

知ってました?

netは、網、ネットと言う意味もありますけど、「罠」ですよね?後で調べてみて下さい。

本当に凄いです。

またそれに気づかない、そんな言葉を使われているというのは、相当バカにされているからなのでしょう。

だから家畜にみなされてしまうし、家畜扱いされていると言っても、言い過ぎではないのです。

 

まずは皆で、家畜から奴隷に進化しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>