10年以上も気づかなかったこと

最近車の助手席に乗って、送って貰っていた時、リアワイパーを動かしながら、ウォッシャー液が出ていた。

私はそれを初めて見て、かっこいいなと思って、「ウォッシャー液出るんだぁ!」というと、どの車も皆出るよと言う。

「えぇっ!?」と驚いて、「そうしたら、あの車もあの車も皆出るの?」と指を指して聞いたら、皆出ると言うし、私の車も出ると言う。

「そうなの?」と、もしそれが本当にそうだとすれば、何年も気が付かなかったことになる。

 

でね、家帰ってやってみると、本当に出ましたよ!笑

いやぁ~、時折「後ろからも出ると便利なのにな」って思っていたけど、そんなことは不可能だろうと勝手に思っていた。

でも最近になって、アイサイトだの訳わかんない機能が、盛りだくさんに付いているから、今はそういうこともあるかもしれないとは思いましたが、まさか前々から装備されていたとは。

教えて貰わなかったら、下手したら死ぬまで気づかなかったかもしれませんね。

自分に興味関心のないことには、全然気づかないものです。

 

また最近のことではもうなくなりましたが、車がリコールになって、修理ださなきゃいけなかったのですけど、車屋さんを全然見つけられなかった。この国道沿いには無いんだなと思っていましたけど、最近になって実は家の直ぐ近くにあったことが分かった。笑

2,3店舗はありましたね。あるわあるわ。笑

不思議なもんですよ。

ちなみに修理には、未だ出していません。そろそろ出さなきゃな。

 

これと同じようなことが、日常的に起きていると思います。チャンスなどは目の前にあったって素通りするし、気づかない人は一生気が付かない。

また関心があるようでない。

自分の中で金持ちになりたいとか、プロになりたいとか、いい人に出会いたいとか、色んな思いがありますが、それがもし叶わないとしたら、それは子供が大工さんになりたいといっているようなもので、表面的な関心に過ぎず、本当の意味では関心がないのです。

だから本当のいい情報やチャンス、出会いなどがあっても、それに気づかなかったり、自ら拒否してしまう。

 

またスポーツなどでよく才能が無いとか言いますが、今回の私のウォッシャー液と全く同じ考えです。

ウォッシャー液は本当は出るのだけど、出ない事にしておく。

もちろん私にとっては、ウォッシャー液が出てくれれば便利だし、出ることに憧れていた。しかし本当の関心がないから、生まれて一度も誰かに聞いたり、調べたり、開発しようなどと思ったことはない。

才能がないと言うのもそれと同じことで、あった方がいいに決まっているし、本当は才能があるかもしれないけど、才能が無いからと言って、特別困らないし、才能を開発しようなどとは思わないため、才能がないことにしておく。

人間の性質はなんだか面倒くさい。

だけど、成功する人、人生を楽しく過ごせる人というのは、そうした潜在意識を上手く活用できている人です。ぜひ活用してみて下さい。

 

ついでの話で、私はたまに何にでも詳しい様なイメージを持たれることがありますが、車のことなどは、全く分かりません。

車でよく「何CC?」といった会話がありますが、そんなこと聞かれても「CC!?CCレモン?」みたいな感じで、全然分からない。笑

そう言えば2009年から2010年にかけて、トヨタのリコール問題で大変なことがありましたが、本当はリコールなんて言うのは、どこの会社でも起こっていて、それなのにそれが世界的な問題になるというのは、トヨタの問題ではなく、世界の派閥争いの結果そうなったようなものなのです。

車は知らないけど、そうしたことなら少し知っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>