飲み会はただの飲み会じゃない

昨日はクリスマスだと言うので、コンビニに行ったついでにケーキでも買おうと思いましたが、1800円のホールケーキしかなかったから止めた。かわりに酢昆布買いましたよ。笑

セイコマに無添加の酢昆布が売っているんです。

早いもので今年もあとわずかですが、最近は忘年会続きで忙しい人も多かったでしょうか。

たまに飲み食いするぐらいなら、気分転換にもなるのでいいですが、12月は忘年会、1月は正月に新年会と食べ過ぎ飲み過ぎが続いて、それが原因で体調崩す人が多いのです。

腰が痛いとか関節が痛いというのも、食べ過ぎが原因でなる事もあり、まさか食べ過ぎが原因だとは思わないものですが、何事も無理がかかれば、どこかには必ずその負担が来てしまう。

 

bier

それにしても皆でご飯を食べて楽しいと、お腹が空いている訳でも、喉が渇いている訳でもないのに、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいますね。

私もいつもは楽しさのあまり食べ過ぎ飲み過ぎになりますが、先週忘年会を行った時は、次の日もあったため、お酒は飲まず、食べ過ぎるほどまでは食べませんでしたが、笑い過ぎて呼吸困難になっていました。笑

皆で楽しめることは有難いことです。

これが会社などの余り行きたくない忘年会であれば、大変でしょうからね。

 

またこれは忘年会ではありませんが、この間紹介した怖い映画に関連して、その時は怖くはない怖い話で盛り上がっていた。笑

「たまに夜遅い時間に子供がいたりすると、人間なんだか幽霊なんだか分からない」

という話から、

知人が体験した、車に幽霊らしき子供が乗っていたエピソードなどを話したりしていましたが、夜に車を走らせていたら、変な所に子供がいて送った、みたいな話はよくありますね。

私はそうした体験はないのですが、もしそんな事があった場合、どうも幽霊ぽいとは思うけど確証がなかったり、その子が一体誰なのだろうかと気になったりする。

だから、

『写真をパシャパシャ撮って、事情聴取みたいに、「君、名前なんていうの?生年月日は?」などの様に聞いたらいいんじゃないか』

と言うと、

「そんな人の所には現われませんよぉ~」

とのことでした。笑

そんなくだらない話をしたりしています。
yomiti

 

今まで整体スクールをやって来て、終了後には打ち上げでご飯を食べに行っていますが、一つ気になっていたことがあります。

スクール以外にも、施術やセミナーなど私との付き合いが長い人は、私とご飯に行く度に、こうしたくだらない話から、面白い話、ためになる話を色々と聞いています。

そうした人たちはいいのですが、そうでない場合、ご飯を食べに行くことは、楽しいとか楽しくないといった、ご飯を食べに行く行為だと思っている。

当たり前だと言えば当たり前だし、もちろんそうなのですが、それだけではなく、先生と食事に行くというのは、本当であれば色んな話を聞けるチャンスです。また日頃余り話を聞けない人であれば、それは猶更でしょう。

しかし普段から勉強している人は、自然とそれが分かっているのですが、そうした経験が余りないと分からないのです。

私は赤ん坊を扱うかのように、1から10までをご丁寧に全て教えるということはしないので、今まで一度も言った事はありませんでしたが、そのチャンスを逃していることを、少しもったいないと感じている。
chance
 

私はセミナーなどに行ったりして、懇親会があったりした時には、どうやって情報を引き出すかを考えていました。

一回のセミナーぐらいでは、その先生の持っている全ての情報を引き出すことは不可能だし、隠しているものもあったりするものです。

また昔の武道の先生であれば、道場では極意や秘伝となるものは決して教えないけども、雑談の中では教えてくれたりします。

それを考えれば、本当に重要なことは、道場やセミナーのようなものではなく、それ以外の所で学べるかもしれない。

つまり今までメインだと思っていたものは実はメインではなく、雑談のような所こそがメインかもしれないのです。

 

昔の忍者やスパイにしても、まともに重要な情報を引き出せるものではないので、相手の警戒が解ける場で、また相手を気持ちよくさせておいて情報を引き出したりする。

また昔は内弟子になって寝食を共にしたり、会社でも社長のかばん持ちを行ったりして、そうした所から色んなものを盗んでいました。

物じゃないよ。笑

しかし今の時代でそれを言えば、「何で身の周りの世話をしなきゃいけないんだ!」という感じで理解されませんが、こうした所も西洋的な考え方になり、上司に飲みに誘われても行かないみたいに、完全に切り離して考えられている。

 

考え方を変えれば、飲み会みたいな所は、ただでセミナーで話しているような内容が聞けたりする訳です。

一般にセミナー後に行われる懇親会などでは、その料金も取られることが多いですが、私はそうしたものでお金は貰っていないので、タダです。

だけどタダだと価値を感じなかったりする面もあるため、それを考えればお金を貰う方がいいのかなとも考えてしまう。

それと今は物に溢れ、満たされているので、ハングリー精神というか、もったいない精神と言うか、もっと吸収しようとする意欲が少ないのかもしれない。

これももっと高額な料金を払っていたとすれば、少し違っていたでしょう。

今の時代でお金が無いと言ってもあるんですね。

 

くだらない話にしても、私は他の人が考える視点とは違う視点から物事を考えるので、そうした話を聞いている内に、頭が柔らかくなり、少しずつ違う物の見方、考え方が少しずつ出来る様になっていきます。

そのため非常に効果の高い脳トレにもなっているのですが、もちろん直ぐに効果が現われるとか、直ぐに変化を実感すると言うものではないので、それが分かるためにはある程度の経験や時間が必要です。

そのためその時の楽しいとか楽しくないとかの世界だけで、終わってしまいがちだったりする。

ただ生まれ持った資質の違いはあるものの、最初は誰もが未熟であるので、そのことを考えれば、もっとより根本的な所も教えた方がいいのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>