謎のお化け屋敷

お化け屋敷が出来たらしく、ラジオでも「腰を抜かすほど怖いと言っていたよ」との話を聞いて、ちょっと前のことですが、「そんなに怖いものなのか」と思って、試しに行ってみました。

お祭りのお化け屋敷なんかは、気軽な感じですが、そこはストーリーがあって、それを読んでくれとのこと。

なるほど。それによって怖さが増すのだな。

(ネタバレもあるので、これから行く予定の方は読まないで下さい。)

wakuwaku

 

そのストーリーは、

友達と家でかくれんぼをしていたけど、Sちゃんは止めようとしない。仕方がないからS´ちゃんが、「柱時計が5つ鳴り終わるまで隠れていたら好きなものをあげるよ」と提案をする。

オニになったS´ちゃんは、2階の古いトランクからSちゃんのキーホルダーがはみ出しているのを見つけ、「Sちゃんみーっけ」と思わず言いそうになったけど、キーホルダーをそっと切り落とし、他の人から見つからないようにした。

Sちゃん以外全員を見つけた後、誰かが「こんなところにトランクがある!」と、ふざけてつま先で押した。

するとS´ちゃんの目の前で、トランクが真っ逆さまに落ちて、それ以来夜になると「もういいよ。もういいよ」と子供の声が聞こえてくるようになる。

あなたがS´ちゃんで、Sちゃんを成仏させて下さい。

といったような内容。

 

「柱時計が5つ鳴り終わるまで隠れていたら好きなものをあげる!?」

何だろその提案。笑

そんなことしたって、かくれんぼ止めるとは限らないだろ。

まぁ、よくは分からないが、この柱時計5つの音はポイントだな!

その謎、ワイが解いたる!

 

それにしてもS´ちゃんは、ニッパーのようなものか、ハサミを持ってかくれんぼしていたのか。人のものを勝手に切り取るとは、相当なワルだな。

またつま先でちょっと押した程度で、人が入ったトランクが転がるものなのか。その後はどうしたのか?中身は見ず放置か?跨いで行ったのか?

謎は多いが、これももう直ぐ全てが分かるだろう。

 

それと入る前には、スタッフに暴力振るわないで下さいとか、立ち止まらずゆっくり歩いてくださいとか、キャビネットだったかトランクだったか以外は触らないで下さい、といった説明があります。

arare
わくわく!
 

中に入ってみると、中が暗かったり、矢印などもないので、どこに進んでいいのかよく分からない。笑

ドアはあるのだけど、ドアは触っていいとは書かれていなかったのです。しかし結局ドアを押して進むしかなく、「あの説明は嘘だったのか」と、疑惑の念が生じる。

またキャビネットだったかを開けると、怖く作ってある風な人形があったりもするけど、どこを開けるのかが分からなくて、触ってはいけないものも触ると、

「触らないで下さぁ~い」

と、どこからか声がかかる。笑

 

「だったら、ドアも触っちゃダメなんじゃないのか?」

と思って、自動で開くのかと待っていたら、

またどこかからか、

「すすんでくださぁ~い」

と声がかかる。

「立ち止まらないでって書いてたけどな、そもそもキャビネットを開ける行為自体が、立ち止まるんだよ!」

「ルールがよくわかんねぇ!」

と、怖さよりも徐々に不機嫌に。

 

また怖っぽい様な人形があったりはするのだけど、怖くはないし、何もない部屋もあるから、

「一体俺はちゃんと怖がされているのだろうか」

「何か怖い奴を見過ごしているのではないだろうか」

と不安もあり、怒りと疑問と不安という、非常に複雑な心理状態。

 

一度男性の人が飛び出してきましたが、

「Sちゃんは男になってしまったのか?」

と驚くとか怖いよりも、更に疑問を生じてしまう。

しかし期待感はまだあるので、「あれは他の霊なんだろう」などと自分を説得する。

 

結局何一つ怖さを味わえず、疑問だらけで出口まで来てしまった。

出口には女性のスタッフがいて、

「Sちゃん見つかりましたか?」

と聞いて来るのだけど、人形が中学生の工作みたいで、顔が全部違うからどれがSちゃんなのか、またSちゃんだったのか分からなく、

「見つかりませんでした」

と答えると、後ろから「ばぁ~!!」っと、人形が出てきた。

折角のサービスも、疑問と多少の苛立ちを覚えていた私にとっては、余計に腹が立って、説明では、「成仏させて下さい」と言われていたから、「だったら聖なる拳で成仏させてやろうか」という感じで終わったお化け屋敷でした。笑

 

それにしても柱時計の5つの音は、全く関係ねぇ~。

kojima

大体トランクをつま先で押したら、階段転がり落ちるってことは、階段の真ん前にあって、尚且つはみ出しているはずで、それを二階に行った時に気づかないって、おかしいでしょ。

またSちゃんは、トランクの中で複雑骨折して死んだと思いましたが、古いトランクで鍵も閉まっていないのだったら、トランクから出て来るんじゃないですかね。

 

「もういいよ」というのも、それはかくれんぼで「もういいかい」と聞かれた時に言うもだから、後はひっそりとしているはず。

かくれんぼが好きなら尚のことでしょう。

だったら、「かくれんぼしよ」などではないか。

根本的なことを言えば、ストーリーとお化け屋敷は全く何の関係ない。

 

お化け屋敷で怖くないのはいい。

価格設定もあるから、子供の工作みたいなお化けでもいい。

だけど矛盾だらけの設定には納得がいかない。

怖がる人もいるでしょうから、深く考えない人にはいいんでしょうけどね。

私はお祭りのお化け屋敷の方がシンプルで好きです。

 

時折言われる、

「すすんでくださぁ~い」

というのが、一番怖かったなぁ~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>