ちょっと思い出した話

とその前に、これもついでですが、前回の動画が中々面白いので少し説明。

まず最初の人。

間合いが少し離れている状態で、このままではパンチは届かない。届かせるためにはステップして踏み込む必要がありますが、それよりも当然蹴りが届きやすい。

裸の男性は、ボクシングスタイルで、構えから見れば、蹴りはなく、逆に白ズボンの人は、スタンスが広く、間合いを取って蹴りを狙っている。

実際に一発目が中段の蹴り。

上段はガードもあるし、あの間合いでは届かないため中段なのです。その後は、ガードが空いている後回し。

 

次の人は、かなりやり手の人ですね。

中国武術系ですが、ブルースリーの様に高い蹴り。またかなりの至近距離なので、見えにくくてかわしにくい。

昔K-1のピーターアーツはハイキックが得意でしたが、見えにくい軌道の蹴りだったため、KOの山を気付いていました。しかしそれも腰を痛めてから出来なくなった。

 

一つ感心したのは、4分20秒ぐらいの白服で帽子をかぶった人ですが、相手は素人で大振りではあるものの、完全に見切っていて、非常に軽やかなステップで身をかわしている。

恐らくボクシングでしょう。

 

5分50秒ぐらいの所で、前に出て来る相手の胸を、腕を突っ張らせて抑え、ハイキックで倒しているシーンがありますが、腕をつぱって押すというのは、間合いを取っているからで、その間合いでは蹴りが来やすい。

また自分の行動をさえぎられているというのは、間合いや主導権が知らない内に相手に握られてしまっていて、そのままでは危険でもある。

そのためもし逆の立場であれば、相手の腕のつっぱりを変えるか、逆に離れるかなどして、間合いとタイミングを変える。

 

一応護身術の話でしたが、ここまで強い人は、自分からは仕掛けないですけどね。

 

さて、ふと思い出したのですが、今年の春ぐらいだったか、施術をしていた時、通常の体とは違い、どうも肩に変な違和感を感じた。

だから試しに引っこ抜いてみたのです。笑

と言っても、物理的に腕を引っ張ったとかではないのですが、引き抜いてみた。

それによって、その人の身体の状態はよくなりましたが、その代わり夜、仰向けで寝ていた私を、青白い光のようなものを発している誰かが、左肩を抑えて付けていて身動きが取れない。

また声を出そうにも、声を出すことも出来ない。

しかしそれでも、必死になってもがいていると、

「誰だテメー!!」

と、無意識に発した声が、そんなのだったのでちょっと恥ずかしかったですが、その後はいなくなりました。

夢かもしれないですけどね。

 

それと去年だったか、夏の夜、とあるスキー場の山に車で行った帰り、街灯もなく、車通りもなく、またその先の山の上には何もないのに、真っ暗な暗闇の中、一人の男子学生に見えたのですが、歩いて登って行く人とすれ違った、何てこともありました。

服装にしても、ハイキング風でもないし、幽霊なのではないかと思いましたが、

過去に田舎に出張した帰り道、これも真っ暗闇の中、また周りは樹海と書いてあるような所で、そんな時間に絶対に人など歩かないような道でしたが、寒い中半袖で覇気なく歩いていた女性とすれ違い、幽霊かと思ったけど、実は精神病院から抜け出して来た人だった、

ということがあったので、すれ違った人も幽霊ではなく人なのかもしれない。

中々紛らわしいもんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>