平昌オリンピック

平昌オリンピック始まっていますね。

それ程見ている訳ではないのですが、ちょっと見てしまうと見入ってしまう。また選手がミスした時なんかは、思わず「ああっ!!」と叫んでいる。笑

選手も勝つためにギリギリのラインを攻めているので、その結果ミスしてしまう事もあるし、メンタル的なことからミスしたりもしますが、日本だとか何だとか、関係なく、皆に最高のパフォーマンスを発揮して貰いたい。

4年も頑張っていますからね。

 

専門家的な感じで言えば、ルールや採点方法はよく変わるし、モーグルなんかにしても、昔と比べ、色んな技が出て来たりと変わっていくので、その辺のことは分からない面もありますが、時折解説が気になったりする。

「積極的でよかったです」

なんて言っていても、

「本当にそうか?」「積極的と言えばいいと思っていないか」「積極的な言葉で済ませていないか」

なんて思うことがある。

 

それで勝てたのであれば、いいのかもしれませんが、勝負どころとは言えない所で、明らかなギアチェンジで前に出て、後半それによって、スタミナ切れを起こしたというのであれば、本当に積極的でいいと言えるのだろうか。

トップ選手たちを見ていても、そんなギアチェンジをしている人はいなく、力を上げる時は、スゥー、ウゥー、ウゥーのように、流れの中で上げていき、また「いつの間に来たんだ!」みたいな感じで、スッと前に出ている。

決して頑張って、前には出ている印象ではない。

ショートトラックなんですけどね。

どういう感想を持つかは自由なので、解説者がそう思ったのであれば、それもいいんでしょうか。

 

私が解説で、「この人は凄い!」と思った人は、清水宏保さんです。

だけど凄過ぎて、国民が付いて来れなかったと思います。

最近は日本のスポーツレベルも上がって来て、国民の見る目や知識も上がって来ているとは思いますが、それでも例えば野球で言えば、アメリカ人は純粋に野球を見ていたりしますが、日本では応援が楽しかったりするように、ちょっと違う所がある。

文化的に違うことはいいのですが、見るよりも応援が好きな所があるので、そこまで目が肥えていない。

これがボクシングなんかだと、目が肥えているファンは多い。

畑山隆則さんが、ファンが、「右だ!」「右だ!」としつこく言ってくるから、「うるせぇなぁ~」と、仕方なしに一発打ったら、本当に当たった、なんてこともあったようです。

 

私はスポーツ関連の記事を書かなくなって久しいですが、スポーツ関連の記事を書いていると、アクセス数が増えて嬉しい反面、色々と少し大変なんです。

普通はそこから上手いこと商売に結びつけて、更にアクセス数を増やす、といったことをするのでしょうが、その辺のことは余り得意ではない。

だから記事は削除したりしていた。

しかし自分が勉強したことは、伝えて行かなければならないでしょうし、大会を見に行くと、カルチャーショックを受けてしまうこともある。

正しい努力、怪我をしない練習をして欲しいとも思うので、今年は暫くしたら、スポーツの記事も少し書こうかなとも思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>