さよなら

最近新規で来た高校生の女の子の施術をしたのですけど、帰り際に「さよなら」と言われた。

さよならなんて普段余り言われないものだから、ちょっとビックリしましたけど、学生であれば、普通挨拶はさようならですね。

またその子は英語関係の道に進みたいって言っていたので、英語なら「see you againでまた会いましょうだろ」とも思いましたが、少し考えました。

なぜ日本では、さようならと言うのか。

 

江戸時代までは、「さらば、ごきげんよろしう」、「さようなら、ごきげんよう」といっていたのが、明治時代には、男性が「さようなら」といい、女性が「ごきげんよう」と返すようになり、今ではそれも変わって、さようならになった。

そのため現在では、意味が分かりにくくなっている。

ちなみに「Good bye」は、「God Be with ye(you)」で、「神が汝と共にありますように」、「神のご加護がありますように」の意味。日本の場合は太陽を大事にして、「お日様と一緒に元気に生きていますよ」からごきげんになっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>