スターウォーズ4DXで観た!!

スターウォーズの新作、「エピソード8 最後のジェダイ」を観たいなと思っていたら、スターウォーズ好きな人が、DVDボックスを持っていて貸してくれ、じっくりは観れなかったけど、一応観終わったので新作観て来た。

また今SDを超えた、体感型の4DXが出ていますが、折角なので初の4DXで観て来た。


 

4DXとは?

4D(体感型)映画を演出するための上映システム。

韓国のCJ 4D PLEX社が開発し、2009年に提供を開始した。座席が劇中のシーンに連動して前後左右、上下に稼動。各座席や場内に設置された装置により、風、霧、香り、煙、フラッシュ照明など様々な演出効果も体感できる。

4DX専用ではない他の映画作品でも演出が可能。

wakuwaku

 

映画が始まる前に、ちょっとしたデモのような感じで体験できるのですが、USJの「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」みたいな感じで、もちろんそんなにハードではないけど、シートが動いて、ちょっとしたアトラクションのよう。

で、その最後に霧を吹きつけられて、それが嫌な人はオフにも出来る。

「どんなかなぁ~」

と思ったら、めっちゃ顔にかけられて、即効でオフにしましたわ!笑

メガネの人だったら、メガネべちゃべちゃだぞ!

nuremegane

 

3Dは、昔アバターを観た時に、余りいいなと思わなかったので、それ以来一回も観ませんでしたが、その時よりも見やすかった感じがします。

字幕が前に出過ぎていたり、席にもよったりすると思いますけどね。

 

wars

肝心の映画なんだけど、序盤は特に4DXに慣れていなくて、ストリーに入って行けなかった。笑

何しろ敵も味方も関係なく動いたりするものだから、イマイチ入って行けないんですね。

あとは宇宙船で撃ち合いする時などは、その度に頭をプシュプシュと、ピンポイントスプレーされる。笑

足元では、チューブのようなもので、足をペチペチされて、それを捕まえたくなる。

 

4DXは、本来であればより映画の中に入って行くためのものだと思いますが、私の場合は、面白い面は確かにあるものの、却って映画に集中できない面もありましたね。

でも折角なので、まだ体験したことの無い人は、一度ぐらい体験してみて下さい。

4dx

 

映画の内容何も書いてないや。笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>