女性の社会進出

女性の社会進出。

いい言葉ですねぇ~。こんなにいい言葉だから、これに反論する人は、もちろんいますけど、いないんじゃないでしょうか。

「原子力の平和利用」なんて言葉もありましたが。こうしたいい言葉には、気を付けなければならない。

 

これは「女性にも社会的地位を」、また「男女平等」といった視点から、通常考えていると思いますが、少し角度を変えて考えてみる。

例えば仮に皆さんは奴隷だと仮定する。笑

仮定の話ですから、「私が奴隷のはずがない!」などとは考えずに。

で、そう仮定すると、誰か皆さんを支配する人がいて、奴隷たちが一杯いる訳ですが、そうした時に、その支配者たちは、どういったことを考えるか?

優しい支配者なら、「奴隷に苦労をかけたくない」、「奴隷を解放してあげよう」と考える支配者も、中にはいるかもしれない。でもきっとそういう人は少ないはず。

じゃあ何を考えるかと言うと、もっと働かせて儲けようと考える。

 

今までの日本は、共働きの家庭は少なかった。だけどいつの間にか、共働きが当たり前の時代になっている。女性の社会進出何て言っているけど、実際は共働きしないと、中々食っていけなくなっている。

それがもし、そう仕向けられてそうなったとすれば?

奴隷たちに一杯働いて貰って、金持ちは益々金持ちになる。奴隷たちは社会進出と言う上手い餌に踊らされて、実際にはなけなしの賃金で、こき使われている。

それをもっと加速させようとしているのではないか?

信じるか信じないかは、あなた次第です!笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>