なりたいでは夢が叶わない訳

金持ちになりたいとか、プロアスリートになりたいとか、何かになりたいと思うことは、よくありますが、中々夢は叶わないですね。

では何で叶わないのかと言うと、そもそもなりたいと思っていると、叶わなくなる。考えている事そのものが、間違っているのです。

これについては、今までも何度も説明してきましたが、今日はもう少し分かりやすいように、違う説明をしてみたいと思います。

 

まず少し身近な例で、「痩せたい」で考えてみようと思いますが、いくら痩せたいと思っても、中々痩せない。

それは何故かと言うと、痩せたいと思いながらも、運動したくないとか、甘いもの食べたいとかがあったりしますよね?

その運動はしたくない、甘いもの食べたいといった気持ちは、言い換えれば痩せたくないという気持でもあり、痩せたいという気持ちとは、逆の気持も同時に持っていて、

そのため痩せたいと思いながらも、それも行ったり、それを優先させたりするために、痩せることが出来ない。

続きを読む

ノーベル賞と自己中

旭化成名誉フェローで、名城大学教授の吉野彰さんが、ノーベル化学賞されましたね。

大変凄いことです。だけど本当は、ノーベル賞を取ったから凄いのではなく、元々凄い。だからノーベル賞を取らなくても、評価される時代であると、もっといいですけどね。

 

とにかく天才と言っていい人だと思いますが、天才だけど数学はあまり得意ではないようで、またお皿も洗えないとか。笑

化学でノーベル賞だから、計算的なことは全て天才的に出来る気がしますが、そうでもないんですね。また天才は専門家の更なるプロフェッショナルみたいなものですが、そうすると、能力を専門分野に費やすために、ごく普通のことが出来なくなったりもする。

だからそういった天才は、結構多いです。

続きを読む

何故深い世界に行けないのか

令和に変わって行く可能性もありますが、今は情報化の時代もあって、広く浅くの時代。芸能人も専門家ではなく、マルチタレントが活躍した。

もちろんそうしたこともあっていいのですが、ただそうすると、深い世界が分からなくなったりする。

たとえばプロになりたいと思っても、深い世界が分からないから、無意識的に浅い世界の中での努力となり、深い世界、プロの世界に行けなくなる。

続きを読む

世界一の投資家の教え

世界一の投資家、ウォーレン・バフェット氏はご存じでしょうか?

世界で3番目の富豪で、純資産は、推定約9兆9800億円。またそれだけのお金があるから、さぞ贅沢してそうですが、

「複数の家やあらゆるもの、複数の車が欲しいと思ったことは一度もない」

と語り、質素な生活をしているとか。

朝はマックらしい。笑

それとコーラが好きで、1日5本は飲むという。

その反面、資産の大部分を慈善事業に費やしていて、世界で最も多額の寄付をする慈善家の1人として知られ、2000年以降、460億ドル以上を寄付している。

続きを読む

痛みや症状が簡単に取れる成功法則

筋肉痛や関節痛、また便秘、冷え性、イライラ、頭が重い、疲れやすい、だるい、眠れない、足がむくむなどの不定愁訴の多くは、簡単に取れます。

確かに難しい症状、時間のかかるものというのはあるのですが、「8割ぐらいのものは、簡単に取れる」と言ってもいいものじゃないかと思います。

現に、私は予約を頂いた場合、何か症状などがあれば、アドバイスをしたりしますが、それだけで、症状が良くなったりする。

顎関節症だってよくなるし、10個の症状が全て無くなるとか、100の痛みが0になるとかではありませんが、大体の症状はアドバイスするだけでも、軽減したり、改善したりするのです。

続きを読む

軸をずらすことで上手くいく

仕事が出来る人などは、出来ない人を見ると、「なんでそんなことが出来ないんだ!」と腹が立ったりすることがありますが、それは自分の得意分野だったり、元々自分が自然と出来ていたことだったり、自分が最初出来なかったことを忘れ、相手に自分を当てはめて考えてしまうからです。

子育てでは、子供に対する期待が大きすぎると、「なんでそんなことも出来ないんだ!」と、なりやすい。

 

出来る人は出来ない人の気持ちが分かりにくいし、逆に出来ない人には出来る人の気持ちが分からなかったりするため、お互い苦労するのですが、一つの解決法としては、子育てであれば、子供の目線になって考えること。

無意識の内に自分の考え、視点で、考えてしまいますが、なるべく子供の目線、立場になって、考えてみるのです。

続きを読む

危険を回避する簡単な方法

危険を回避する簡単な方法が一つある。

それはあらかじめ危険に遭っておくこと。笑

 

煽り運転男に殴られた人がいましたが、恐らく、今まで喧嘩や叱られたりなどして、他人に殴られた経験がない。

殴られた経験が無かったため、殴られる危険を感じることが出来ず、回避出来なかった。

 

だからあの時、もし殴られるのを回避したかったのであれば、どこかで殴られておけば、恐らく回避出来た。笑

また逆に今回殴られて、危険を経験したので、次は回避出来るかもしれない。

続きを読む

客観的の本当の意味

客観的になりなさいなど言われたりしますが、客観的にというのは、どういういうことでしょうか?

辞書には、

「特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま」

とあります。何となくは分かると思いますが、具体的に、はっきりと、また自分が使えるレベルでは、分かっていないかもしれません。

 

客観的に見るとは、たとえば自分に子供がいたとして、子供とは、全くの他人であるとして、見たり判断すること。

また、自分が客観的な判断が出来ているかどうかは、自分の子供が、全くの他人であったとしても、同じ判断になっているかどうかということです。

続きを読む

他人を信用しないから上手く

私は他人が言っていることは、余り信用していません。笑

もちろん信用していないと言っても、全く信用していない訳ではない。

信用しているものは当然ある。

しかし、基本的に、「そうなのかな?」とは思うものの、鵜呑みにはしない。

 

沖ヨガ創始者、沖正弘先生が、

「信じるな!疑うな!確かめろ!」

とおっしゃっていましたが、それを心がけているのです。

だから鵜呑みにもしないけど、逆に端から否定もしない。

続きを読む

油断大敵の本当の意味

煽り運転の男、捕まったようですね。相当悪質でしたから、暫く反省し、心を入れ替えて頂きたいものです。

それにしても殴られた人がいたお蔭で、逮捕して貰えた訳ですが、ただ自分であれば、殴られたくはない。笑

相手が下りて来た時点で、車が来ていなかったはずだし、助手席の女性が乗り込むまでの時間も出来るので、その間に逃げますかねぇ。

また、もし女性であれば、絶対に窓なんか開けなかったと思いますが、それを何故わざわざ窓を開けてしまったのかと言うと、油断からきたものだと思います。

続きを読む