WBCイチロー復活の理由

今WBCが行われていますが、日本は凄いですね。

昨日の延長11回は気づいたら寝てましたが、まぁ勝つだろうと思って寝てしまった。

しかしキューバもオランダも、スイングスピードがハンパない。ちょっとでもあまくなると一発行かれる。

前回大会は殆ど見ていた記憶はなく、今回は面白そうだとは思って少し見ていますが、それにしても2009年に行われたWBCは面白かった。

天才イチローがまさかの絶不調。しかしギリギリで復活し、韓国との決勝ではイチローのタイムリーで勝ち越す。

これ以上面白い展開は無いんじゃないでしょうか。

続きを読む

旭川の整形外科でスポーツ障害をお探しなら

旭川でスポーツ障害になったとすれば、まず評判の整形外科を探して行くと思いますが、整形外科の治療の流れを説明すると、整形外科ではレントゲンを撮って、骨に骨折やヒビが入っていないかなど異常がないかを調べます。

スポーツをやっている人に多い腰椎分離症も、腰の骨腰椎にヒビが入るのですが、それもレントゲンを取ることによって診断します。

もしレントゲンを撮って、骨に異常がなければ問題が無いと考え、後は湿布薬を出し様子を見て貰う。もしくは電気治療などを行う事もあるかもしれません。

これが主な整形外科での治療の流れです。

続きを読む

ビジョントレーニングではない

スポーツの世界で、ビジョンレーニングが行われる様になっています。

全てにメリットとデメリットがあるように、筋トレにもメリットもあるけど、デメリットもある。それと同じように、ビジョントレーニングにもデメリットがあるのかもしれませんが、本格的に指導していない事もあって、今の所それが見つかっていない。

そのためビジョントレーニングをやることは、いいのではないかと思っています。

ただし、本当の目の使い方は、動体視力的なものではない。

続きを読む

ウエイトをしなかった山崎武司

元楽天の山崎武司さんは、「ウエイトトレーニングで失敗して来た人を大勢見て来た」と、ウエイトトレーニングを行わずに成功した一人です。

だから何が何でもウエイトトレーニングが必要であるとは限らない。

この山崎武司さんは大変面白い人で、プロなのに長いバットを使っていたことに気づかず、それに気づいたのがキャンプ終盤。仕方がないから今シーズンはこれを使おうと、長いバットを使ったらホームラン王に。

また練習でスパイクを忘れ、それを星野監督に見られ、怒られるのが怖いから今シーズンはスパイクなしでやろうと思っていると、適当な嘘を言った事が原因で、1シーズンをスパイクなしで過ごしたら、流し打ちが出来るようになってリーグ7位の打率に。
続きを読む

イチローとウエイトトレーニング

世の中の常識が正しいとは限らない。自分の思っている常識は、自分の世界だけの常識かもしれない。

またどんなに自分の考えに自信を持っていようが、それが正しいとも限らない。

もし真理真実に近づきいのであれば、自分の考えを優先させるのではなく、それを検証したり、先人から学ぶ必要がある。

続きを読む

運を引き寄せるには

運気をアップさせたいと思っている人は多くいます。そのため正月ともなれば、訳分かんない財布でも買いたくなるのでしょう。

一般の人であれば、多少運を掴めなくても大したことでもないのかもしれませんが、特に実力世界の中で生きていこうとする人であれば、運を掴むことが出来なければ、成功することは無理です。

実力の世界でありながらも、不思議と実力ではないものもの関係していて、それを全てひっくるめて実力の世界。

映画俳優であれば、縁起の上手な人が必ず抜擢されるかと言えば、そうではなく、芸能人にしても、M-1グランプリにしても、実力だけでなく運も関係してくる。
続きを読む

9月17日のセミナー内容

・中心軸回旋

・バンザイ姿勢で足の親指から腰、胸、指先まで体を繋げる

・老人の姿勢、病気になる姿勢、勢いやエネルギーのない姿勢とは?

・癖を直す方法
やり過ぎるぐらいにオーバーに行わないと直らない。

・左右軸回旋
軸を移動させることによって、大きく速い移動が出来る。バドミントン、野球の盗塁のスタート。
続きを読む

下手でも上手くなる

どんなに下手であっても、上手くなる事が出来ます。しかし一般的には、素質や才能、センスが無いと言われるような人は、練習で多少は上手くなっても、レギュラーになれないなど、上手くはなれないでしょう。

それは何故かと言うと、技術を教えて貰えず、技術の練習をしないからです。

例えば陸上の短距離などは、典型的ですが、走る技術を教えられる人は少ない。だからやる事と言えば、強化だけです。

走り込みと筋トレをやらせて、その限界に達したら、後はあなたは素質が無いから仕方がありません。また来週。でっこり~ん。

そんな感じ。

もちろん陸上の短距離だけでなく、他の種目でもそうだし、野球でもサッカーでも全部そうでしょう。

続きを読む

好きな人と付き合える方法

好きな人がいて付き合いたい、またいい人に出会いたいというのは、誰しもあると思いますが、中々上手いこといかなかったりもすると思います。

その原因の一つは、好きだという思いが邪魔をしてしまうためです。

自分が好きだから付き合いたいというのは、それだけでは、「欲しいからくれくれー」と、ただ我儘を言っているようなもので、その自分の思いが強くなると、一方的な考え方になってそれが分からなくなる。

そのため逆の発想も持てないと、自分の思いが叶いにくい。

続きを読む

痛みを取って何の意味があるか

痛みがあれば、誰でもそれを取り除きたくなる。それは当然でしょう。しかし痛みには原因があって、それを変える事なく、痛みだけを取り除こうというのは、本当に意味のあることなのでしょうか。

スポーツをやっている子供であれば、体を痛めたりしますが、その原因は練習の仕方などにあり、だから怪我をするし、同時に間違った練習をしているということだから、上手くもなれない。

それなのにただ練習をしたい、休むことが孤独感に襲われるからと言って、痛みだけを取り除いて、本当にそれでいいのでしょうか。

続きを読む