女子パシュート初の金メダル

帰ってきてテレビを付けたら丁度、女子パシュートの決勝が始まる所だった。

いや~凄かったですね、日本。

息がピッタリだった。

パシュートは空気抵抗をいかに抑えるかがポイントで、後ろにピッタリつくことが出来れば、体力を温存できる。日本はそれが世界一なのです。

オランダは個々の能力は高く、隊列や先頭交代もレベルは高いものの、日本までではなく、後半は少しバテていましたね。

日本は滑りきっていた。

続きを読む

体重コントロールも技術

アスリートであれば、体重が増え過ぎてしまうと体が重くなり、動けなくなってしまう為、最高のパフォーマンスを発揮するため適正体重が求められる。

しかし一般的な傾向として、体を大きくしようと、とにかく沢山食べさせることが行われていて、体重コントロールについて、余り言われることがありません。

ついでに言えば、昔のプロ野球ではとにかく肉を食べろのような指導がされてきましたが、そうしたことは今は余り行われていない。

大谷選手の様に、ご飯を一日10杯食べて、身長が伸びてくれればいいですが、炭水化物を取り過ぎて、体質によっては太ってしまう選手もいるし、それらを代謝するだけのビタミンミネラルも同時に取らなければ、栄養のバランスが片寄る。

また糖質を取り過ぎると血糖値が急激に上がって、その反動で下がるため、低血糖になり、スタミナが増すどころか、却ってスタミナが低下し力が出なくなる面もある。

ご飯を食べて眠くなるのは、急激に上がった血糖値下がったためです。

続きを読む

アスリートの体重コントロール

プロアスリートを目指しているというので、当然ながら食事も気を付けていると思えば、案外そうでない事があったりする。

中には「肉だけ食べて、野菜は殆ど食べない」などのように、プロを目指す以前に、健康そのものに問題が起きている事もあって驚く。

スポーツで体作りが重要だということは誰でも知っていますが、身体作りとは筋トレのことだと思っているのです。

スポーツ栄養学が言われる様になったのは、比較的最近のことなので、栄養面に関しては、「肉を食べて力を付ける」、「スタミナをつける」程度で、まだまだ考えられていない事の方が、多いのかもしれません。

続きを読む

羽生結弦の体の作り方

最近オリンピックは殆ど見れていませんでしたが、羽生結弦選手は凄いですねぇ。

一見すると体は細く、アスリートにも見えませんが、怪我して金メダルの連覇は本物です。

宇野昌磨選手は独特のキャラですが、オリンピックでは極端な言い方をすれば、一発屋のように、運よく高いパフォーマンスを発揮する事が出来たり、ショートトラックで皆転倒したなどのようなことが起きて、金メダルを取れることもある。

(と言っても、もちろん決勝に残れるほどの実力があっての話です。)

しかし連覇となると、注目を集め、国の期待を背負うなどのプレッシャーを抱えるために、注目されていない時よりも、勝つことがより難しくなる。だから連覇って難しいのですね。

また怪我を克服するためには、メンタルの強さと、頭の良さが必要とされますが、それもクリアしているので、羽生結弦選手は本当に凄いです。

続きを読む

体が解れる高速腕回し

今日は少し違う話を。

先週行ったセミナーで、腕回しを行いました。腕回しも簡単なようで難しいですね。

いいやり方であれば、やればやるほど解れるけど、ダメなやり方では、やればやるほど力む癖が付いて、肩を痛めやすくなったりする。

またメジャーの前田健太選手が、マエケン体操を行っていますが、あれを見よう見まねで行っても、殆どの人にはまず意味ないです。余計におかしくなる。

形がなんとなく似ていても意味ないのです。

重要なのは、本質が同じかどうか。また本質が同じであれば、形は何でもよくなるので、必ずしもマエケン体操じゃなくてもいい訳です。

続きを読む

桐生祥秀が9秒台を出せた訳

 

日本人初の9秒台をようやく出してくれたのが、桐生祥秀選手です。

しか実は9秒台を出せたのは、去年の11月にハンマー投げの室伏宏治さんに弟子入りし、指導を受けていた成果でした。恐らくそれがなければダメだったでしょう。

室伏宏治さんから指導を受けたと言うと、一般的には何のことは無く、簡単なことの様にも思えてしまいますが、簡単なことではありません。

凄いことなのです。

続きを読む

腰が抜けた姿勢

腰が抜けた姿勢と言っても、ピンと来ないかもしれませんが、腰が抜けた姿勢をしている人は、猫背で姿勢も悪く、腰痛や肩こりなどがしやすい。

また疲れやすいため立っていることも苦手で、ストレスも抱えやすく、抱えている。

腰というのは、体の要です。

その要が抜けて、無くなっていると、パワーも気力も出すことはできないし、その体で何かを頑張ってやろうとすると、非常に疲れて負担がかかってしまうのです。

続きを読む

一点集中せよ 2

昨日の記事で続きからが見れなくなっていましたが、修正しました。

集中力については、今まで何度か説明したこともありましたが、陸上などのスタートでの集中力、野球のバッターの集中力というのは、一つのことに集中するというより、一つのことに集中することによって、広く全体が静かに落ち着いて見えるようになる、というのが本当の集中力です。

武道で言う無念無想。

これが例えば、パンチが来るぞと、パンチに集中していたら、パンチは分かったとしても、蹴りやタックルには、反応できなくなります。

そんな感じで、集中力には、一つのことに集中している反面、広がりのようなものがある。

続きを読む

一点集中せよ

集中力などの言葉はよく使いますが、集中力の意味が余り分かっていないために、間違った意味で使われていたりする。

例えば世界陸上でラストランを飾ったウサインボルトは、走っている時は、雑念だらけだと言います。

 

折角なので少し世界陸上について触れておくと、ボルトは世界陸上前、顔がげっそりした感じで、シーズンベストも余りいいものではなかったので、コンディションは余りいいものではなかったです。

それにしても金メダルを取ったガトリンは、ブーイングを浴びていましたが、金メダルとってブーイングを浴びる選手って、記憶にないですね。笑

続きを読む

一流のアスリートはずるしている

体の使い方が分かると色々なことが分かるのですが、例えば歩いたり階段のぼったり、走ったりする時に、多くの人は太腿の前の大腿四頭筋を使うから、「この筋力が必要なんだな!」と考え、せっせこ大腿四頭筋を鍛える。

しかし一流のアスリートは大腿四頭筋を使うものの、大腿四頭筋に頼るのではなく、メインは大腰筋を使って、大腿四頭筋を脱力させたりする。

そうしたようにやっていることが全然違う。

それはまるで一生懸命手作業している人と、パソコンを使っている人程に違うのです。

続きを読む