軸の重要性

どうでもいい話ですが、肘の力と書いて「臂力」と昔言われていて、それが大事だとされていた。

これも分からなくて苦労した。何しろ解剖学の本を見ても、上腕や前腕にはあるけど、肘には筋肉ないですからね。一応肘筋(ちゅうきん)という筋肉があるけど、どう考えてもそれではない。

それも少しずつ分かってきましたが、そうすると全然力を入れていないのに、物凄い力が出る。

 

よくボクシングでハードパンチャーとか、もしくは野球でホームランバッターと呼ばれる人たちは、天性のものだと言われたりしていますが、天性と言えば天性なのだけど、他の人がそうなれないのかと言えばそうではなく、体の使いかを工夫することによって、身につけることも出来る。

ただ今の段階では、スポーツ科学が進んだ今も、それがまだ分かっていないです。

一流の選手たちにしも、元々出来たものだから、それが何なのかが具体的に分かっていない。だから後輩などにアドバイスをすると、違うようなアドバイスになったりもする。

続きを読む

体の使い方の世界

昔ウエイトトレーニングを本格的にやっていたけど、ベンチプレスで120キロぐらい上げれる様になった辺りから、ふと、「これじゃあ外国人に勝てないんじゃないか」と思い始めた。

その当時で言えば、体重を70キロに増やせば、140キロは何とか上げれるとは思いましたが、60キロのままでは、難しい気がしたし、体重を増やしたとしても、200キロをとてもあげられる感覚は無かった。

そうすると、階級制のあるスポーツであればいいけれども、そうでないものでは、外国人のパワーにはとても太刀打ちできない。それであれば、他のものをもっと強化していくべきなんじゃないだろうか、と言う考えが出ていたのです。

 

またその頃、高岡英夫さんの本を読んだり、桑田真澄さんが、甲野善紀さんに古武術の指導を受けて復活したり、桐朋高校バスケとボール部が古武術を取り入れ、結果を出したり、末次慎吾さんがナンバ歩きを取り入れて、200mで銅メダルを取ったりしていた。

そうしたことから、日本人が外国人に勝つためには、また日本人が金メダルを取るためには、体の使い方を勉強していくしかない、と考える様になった。

続きを読む

スポーツと投資の世界

日本で投資をやる人はまだ少ないですが、投資でお小遣い程度、金利程度を稼ぐというのは、それ程難しくはない。

また海外の銀行で、預金口座にマイナス金利を導入している所もありますが、その影響が日本に来ると、いずれ日本でも、貯金したらマイナスになるなんてことが起こるかもしれないので、今の内から、投資を勉強しておくことも、いいとは思います。

銀行も今は大きく変わって来ていますからね。

 

ただ投資を勉強することも悪いことではないし、お小遣い程度稼ぐことは難しくはありませんが、投資でお金を儲けようとするのは、中々難しい。

何故か?

それは投資がギャンブルだからではない。

続きを読む

ダルビッシュの体調不良の原因?

ダルビッシュ投手が2016年から様々体調に苦しんでいたようで、それがようやくよくなったとか。

私は最近になって少し見る様になったものの、スポーツを余り見なくなった。ただスポーツニュースは見たりするので、多少そこで見ることがありましたが、いつだったか、またブログに書いたのか、それともセミナーでチラッと話したのだった忘れましたが、ダルビッシュの歩き方がおかしいことが気になり、大丈夫だろうかと思った。

それがやはり、当たっていたのですね。

一流の選手であっても、自分の体が分からなかったりするし、治せなかったりする。

続きを読む

なりたいでは夢が叶わない訳

金持ちになりたいとか、プロアスリートになりたいとか、何かになりたいと思うことは、よくありますが、中々夢は叶わないですね。

では何で叶わないのかと言うと、そもそもなりたいと思っていると、叶わなくなる。考えている事そのものが、間違っているのです。

これについては、今までも何度も説明してきましたが、今日はもう少し分かりやすいように、違う説明をしてみたいと思います。

 

まず少し身近な例で、「痩せたい」で考えてみようと思いますが、いくら痩せたいと思っても、中々痩せない。

それは何故かと言うと、痩せたいと思いながらも、運動したくないとか、甘いもの食べたいとかがあったりしますよね?

その運動はしたくない、甘いもの食べたいといった気持ちは、言い換えれば痩せたくないという気持でもあり、痩せたいという気持ちとは、逆の気持も同時に持っていて、

そのため痩せたいと思いながらも、それも行ったり、それを優先させたりするために、痩せることが出来ない。

続きを読む

課題をクリアしたのか?

昨日の話は、少し難しいのではないかと思うので、もう少し説明しようと思います。

野球なら野球、サッカーならサッカーみたいな感じで、一つのことをずっとやり続けているのだけど、深い世界に入って行けないのは、野球なら野球だけをやってはいるのだけど、実際には一つではなく、色んなことをあれこれやっているために、深い世界に入って行けない

という話でしたが、それを端的に言えば、出来ない事をクリアしたのか?

ということです。

続きを読む

原因の兆候と運命の分かれ道

生きている中で、痛み、病気、事故、災害、失恋、会社の倒産、リストラなど、出来れば経験したくないようなことが、色々とありますが、全ては突然のように思えても、100%突然にやって来るものではないです。

たとえば死ぬ時にしても、私は未だ確認したことはありませんが、三日前には体のある部分に硬結が出るそうで、それが出たのであれば、何をやってもダメだそうです。

なんだか北斗の拳みたいな感じですね。

それはさておき、必ず何らかの兆候が出ていて、そのサインに気づけずにいると、自分としては、突然降りかかって来たかのように感じてしまう。

続きを読む

壁と合気道

合気道で「座りの呼吸法」と呼ばれるものがあります。

お互い正座した状態から、相手に両手首を持って貰う。そこから基本の型では、相手の脇口に腕を伸ばして、相手の肘を上げ、そこから横に倒したりする。

しかし相手が投げられまいと、踏ん張ったりすると、基本の型通り出来ない事もある。

 

そうすると、「合気」と呼ばれるものが分かっていないと、正面に押してダメだから、横はどうだと、左に押す。

しかし左がダメだったから、今度は右にしてみたけど、それもダメで、じゃあ下はどうだ、上はどうだとやるのだけど、全部出来ない。

これは本人にすれば、色々試しているようだけれども、実は質的に全て、全く同じことをやっている。だからどんなに右だの左だのとやっても出来ない。

右とか左とか形の問題ではなく、質の問題で、質を変えなければならず、その質を変えることが中々難しいのですが、この「座りの呼吸法」は、壁に対する対処、考え方と全く同じなのです。

続きを読む

壁にぶち当たる重要性

災害があることは、困ることではあるのだけど、災害があることによって、色々な対策を取るようになり、次に災害が起きた時には、被害を抑えることが出来る。

旭川にしても、明治、大正、昭和と、昔は水害が多い地域でしたが、治水工事などを進めて行ったことで、去年水害があったものの、それでも昔のような水害は起こらなくなった。

北海道胆振東部地震にしても、それが起こったことによって、道内の電力需要の約半分を担っていた、苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所一つに、電力供給を過度に頼っていた、「集中電源」の問題があらわになり、その対策が進められるようになりました。

 

つまり何らかの失敗は、デメリットだけではなく、問題に気づき、対策を取るというメリットもあり、それがあることによって、進化していくことが出来る。

逆に言えば、進化のためには失敗が必要であるとも言えるし、そうした経験がなければ、問題に気づかなかったり、中々対策を取ろうとしない。

続きを読む

災害と苦情

余り不安になられても困るので、災害についての話は、暫くやめておこうと思ったのですが、今はまた台風の影響で、千葉がまだ停電していますね。

なんだか、毎週のように災害がある。

たとえ南海トラフ巨大地震も様なものが来なくても、今回の災害でも、廃業に追いやられた人もいましたし、台風などの災害に遭えば、停電ぐらいなったりもするでしょう。

また2日ぐらいの停電ならまだしも、停電が5日、または2週間とかなると、かなり大変です。

 

北海道胆振東部地震でもそうでしたが、今回の長い停電で、ポータブル電源がかなり売れているのだとか。

私も持っていますが、落ち着いたらもうちょっといいやつ買おうかな、とも思っています。

今は企業も自家発電を備えるようになってきて、千葉も災害対策を行っていた所でしたが、それでも電気が無くなったら困るなという人は、ポータブル電源が、あってもいいかもしれませんね。

ちなみにガソリンを使った発電機は、外で使いますが、ポータブル電源は、バッテリー式なので、家の中や車の中など、どこでも使えます。

続きを読む