医者は不思議な存在

医者と言えば、普通の人にはとても入ることの出来ない、難解な医大に合格できた、それはそれは優秀な存在。

また大学でも一般の大学では、コンパなど遊びで忙しかったりしますが、医学生は勉強でとても忙しく、6年大学に通って、国家試験に合格して、初めて医者になれる。

それぐらい大変なことであるから、世の中の人たちからは大変尊敬され、お医者様と称えられるし、ちょっとした神様みたいな存在であるから、お医者様の言う事には、素直に信じ従う。

続きを読む

風邪を引けた

最近ブログに書いた熱出して薬を飲んだ人なのですが、また最近風邪を引いて熱を出したらしい。しかし今回は、前回先生に怒られたから、今回は絶対に薬は飲まないと決め、苦しかったり、周りから薬飲んだ?と言われたりしたけれど、飲まずに過ごしたらしい。

これを聞いてほっとしましたね。

まずまた風邪を引いたと言うのは、前回十分に風邪を引ききれていなかったからですが、それが今回ちゃんと風邪を引いたことで、体がよくなる。歪みも出てましたが、風邪が治ればそれも治ります。

続きを読む

徒競走の補足

徒競走で後半が大事だと言いましたが、誤解の無いように補足しておくと、スタートで加速の仕方は練習しておくといいですね。加速というのは、自分で頑張ったり踏ん張ったりするというよりも、前傾姿勢を利用したスムーズな加速。

それには直ぐに体を起こさないで、前傾姿勢を維持したまま加速させていく。その要領を掴んでおくことです。

続きを読む

相手に合せるとは

相手に合せると言うと、一般的には八方美人的なイメージがある。また相手に合せたことによって、自分が疲れてしまったりするでしょう。

しかし本当に相手に合せると言うのは、相手を尊重しながら自分も疲れず、自分も相手も一緒にいい方向にいくというものです。

だけどそれがとても難しい。しかしまずそれに気が付くだけでも、また違うんじゃないかと思います。

続きを読む

人を殺す方法

昔ベトナムのコンソン島と言う流刑地があって、そこでは白米を食べさせると言う虐待が行われていた。

それを聞けば、普通「えっ、なんで?」と思うでしょう。

何も食べさせないとすれば、虐待していることが直ぐに分かってしまいますが、白米を食べさせていれば、虐待などをしているとは一見思われない。それを利用したのです。

続きを読む

断食五日目 昨日はやばかった

今日で断食五日目。正確には断食だと仕事にならないから、今日から玄米を少し食べるようになって、半断食を行っている。

断食ではよく2日目、3日目が辛いと言われ、それを越えると楽になると言われますが、私の場合は2日目が辛かったですね。朝起きた時からだるさがある。何をやってもだるく、頭も回らない。完全に省エネモードになっていました。

それが三日目になると非常に体が楽。

続きを読む

徒競走で順位を上げるコツ

折角なので、もう一つぐらい運動会の徒競走で、順位を上げるコツを紹介します。

足が本当に速い人は、もうどうしようもないぐらいに速いので、普通な人や遅い人が、付け焼刃の方法でその人に勝つことは、残念ながら無理です。しかし順位を一人か二人上げることは可能である。

そのコツは後半にある。

続きを読む

一つに拘るな

こだわりというのは、誰でもあったりするし、職人であればこだわりは強いでしょう。しかし特に何も知らない内、未熟な内は、くだらないことに、拘ってしまいがちである。

例えばスポーツでは、筋力を高めることに拘ったりする。

私なんかからすれば、「筋力が高くなったからとして、だからなんなの?」と思ってしまうのですけど、知識や経験がないから、それが分からない。

続きを読む

断食一日目まもなく終了

断食って言ったって、ただ食べないだけですから、別に大したこともやっていないのですが、一日ぐらい食べなくても、別になんてこともない。運動もしましたが、スポーツの様に激しくもやっていないので、普通に出来ますね。

ただ汗をかいたりもするので、塩分だけは補っています。塩を水で飲んだり、番茶に醤油を混ぜて飲んだり。

もちろんただの普通の醤油じゃないですけどね。結構高いやつ。笑

続きを読む